初代 nsx。 ホンダ・NSX

ホンダ魂はいまも健在!? 初代「NSX」と新型「NSX」を乗り比べてみた!

あくまでも純正へ戻す為、ある程度改造が施されていても対象内ではあるが、著しく改造をした車両は対象外、またボディに修復不可能な錆穴がある場合は対象外となる。

20
そうかと思うと、走行距離が10万kmを超えていてもちゃんと管理されていれば問題ない個体もあります。

ホンダ・NSX

開発段階からやなど、当時ホンダがエンジンを供給していたF1チームのドライバーが1日のみ走行テストに参加した。 さて、MTのパワー感や操作感は今でも鮮明に覚えていますが、ATはどうなのかな?と思っています。 他にも自由な発想で研究が進められており、UMR アンダーフロアー・ミッドシップエンジン・リアドライブ と呼ばれる新しい駆動形式も、初代シティをUMR化した改造車でテストが始まりました。

6
後期型ではリトラクタブルヘッドライトが法規制の関係で固定式に。

第116回:思えば初代NSXは爆安だった 【カーマニア人間国宝への道】 2ページ目

バブル景気で予約が殺到した日本に加えて日本国外でも高い評価を得たNSXは 、日米欧で累計1万8,734台を販売、そのうち日本での販売台数は7,415台であった。

4
1989年に2代目となったインテグラは、車種名が「クイントインテグラ」から「インテグラ」になりました。

第116回:思えば初代NSXは爆安だった 【カーマニア人間国宝への道】 2ページ目

尚、このアルミボディ開発には元代表取締役社長だった伊東孝紳も深く関わっている。

1
説明して下さったのは元本田技研社長の伊東孝紳さん。

第116回:思えば初代NSXは爆安だった 【カーマニア人間国宝への道】 2ページ目

ただ、燃費の良さやリーズナブルというファクターを重視しない「高級スポーツカー」の分野については別だ。 私も次なるマイカーはHVだと観念して、まだ高値で売れる内にとNSXを手放した。 運転者が快適に運転できる走行性能やインテリアが整えられたモデルです。

16
そんな時、新型NSXは、まっすぐすら走らない欠陥車の348を尻目に、スーパーカー史上最高の操縦性や、世界初のオールアルミボディーを持ちながら、たったの800万円で登場したのですよ。

ホンダNSXが今も乗りたい車に選ばれる理由

初代NSXをはじめハコスカ・ケンメリなどの旧車から新型スポーツカーまで、さまざまなレンタカーを用意する 単独での試乗はもちろん、今回のような新旧比較をはじめ、人気漫画に登場した車種や、往年の280ps対決など、なんらかテーマに則して乗り比べられるようラインアップが工夫されている。

タイプS オプション装備可能なタイプSは、車としての性能だけでなく、利便性の追求を目的にしたクルマの使いやすさに力を入れたモデルです。

ホンダ・NSX

会場には、「NSX30年の変遷」や「高根沢工場で生産された車種」といった写真も展示され、車好きを魅了している。

16
4速ATが860万3000円(税別)だった。

ホンダ魂はいまも健在!? 初代「NSX」と新型「NSX」を乗り比べてみた!

プレスリリース , 本田技研工業株式会社 , 2009年10月24日閲覧。 これにより、市販車で初となるマイナスリフトを実現している。 さらに、エンジン、シャシー、足まわり、シート構造部材にまでアルミ合金を使用し、徹底した軽量化が施されています。

2
軽量化のための方策として採られたもので、これは世界初の試みとなった。

第116回:思えば初代NSXは爆安だった 【カーマニア人間国宝への道】

「NSXを境にスポーツカーの概念が変わった」と言われるほど、フェラーリをはじめ多くのメーカーを驚かせました。

10
中古車情報サイト「車選びドットコム」では、車販売の専門家である店舗スタッフが、顔写真と実名入りで車両をオススメしますので、信頼性が高い情報の中から中古車を探すことができます。 12月6日まで。