来島 又兵衛。 長州藩士の墓

来島又兵衛|keita|note

長州の重鎮であった来島ですが、出世するきっかけとなったのは藩の財政面の管理であったと言われています。 「 来島又兵衛誕生之地」の碑。

9
27日に寺に入った。

来島又兵衛とは

すると、強硬派の来島又兵衛はこう答えます。 残された面々には重い沈黙が流れ、久坂玄瑞が「あなたのご意見は」と最年長・真木和泉に軍議の結論を促します。 享年48。

17
それは、来島又兵衛が禁門の変に臨むときの姿にあったようです。 君辱めらるれば臣死す 史上、永久に朝敵の名が残るかもしれぬ。

来島又兵衛と大河ドラマ(龍馬伝, 八重の桜,花燃ゆ)

幕末の最終段階になると薩摩藩と長州藩は薩長同盟を締結し、幕府や会津藩と敵対しますが、この時点での薩摩藩はむしろ幕府を維持する側にいます。 その状況のなか、会津・薩摩を中心とする公武合体派が、長州派の公卿を追い落とし、長州藩も京都から追い払うクーデーターが起きてしまいます。 来島又兵衛の生き様、死に様を演じ切っていたように感じます。

15
久坂玄瑞25歳、入江九一28歳など、約400名の長州藩士が戦死しました。

来島又兵衛

しかし、この時期の長州藩に対する幕府、朝廷、世間の目は厳しく、兵と一緒に京に行けば戦いと捉えられて、陳情どころではなくなるのは明白でした。

その禁裏に通じるのが禁裏の門(禁門)です。

来島又兵衛とは

来島又兵衛といえば、「この期に及んで!」という台詞で有名です。 藩の安危などもどうでもよい。 自分よりも若く、志を持って死んでいく同志を見て、来島はたまらない心情を持っていたと想像できます。

12
きっと戦国時代に生まれたら、本多忠勝のような屈強なツワモノとして名を馳せたことでしょう! 大人になっても、血気盛んで、例えば、長州藩(来島たち)と薩摩藩(大久保たち)との関係修 復の場で、酒に酔った主催者で長州藩の布政之助が薩摩藩士の挑発に乗り剣舞を舞い始めると、 たまらず来島も刀を抜こうとして今にも乱闘が始まりそうになりました。 龍馬伝 福山雅治が坂本龍馬を演じた龍馬伝では、格闘家の角田信朗さんが来島又兵衛を演じました。

禁門の変のリアル過ぎる逸話…長州久坂玄瑞と来島又兵衛

他に、天誅組だった 上田宗児 うえだそうじ らが加わっています。 郡吏の父は陶器作りを奨励した功労者でした。 来島又兵衛が遊撃隊を率いて京に入ると、禁裏御守護総督・一橋慶喜から撤兵要求の使者がやってきました。

18
脱藩してでも行くと言って聞きません。

来島又兵衛とは (キジママタベエとは) [単語記事]

19
禁裏とは天皇の住居で、みだりに出入りできる場所ではありませんでした。 その際に来島又兵衛政久、久坂義助通武、寺島忠三郎昌昭、入江九市弘毅、真木和泉守保臣等外数十名戦死あるいは屠腹する。