ロジ スクエア 三芳。 CRE/埼玉県入間郡三芳町に1.8万m2の物流施設着工

CREがロジスクエア三芳竣工、プラスに1棟賃貸

また、本ウェブサイトを装ったウェブサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。 周辺は倉庫・工場が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは極めて良好です。

15
(12月07日)• (12月04日). 1t)、垂直搬送機をそれぞれ4基ずつ設置、且つ、将来対応として荷物用エレベーターと垂直搬送機の追加設置や事務室の増設、倉庫内の空調機設置などの入居テナントの将来ニーズにも一定の対応ができる仕様として、マルチテナント型物流施設としての汎用性を考慮した同社の基本スペックを満足する施設としている。 「三芳」スマートICは、2021年度以降にフルインターチェンジ化が目指される。

CRE、埼玉・三芳町で1・8万平方メートルの物流施設に着工 │ LOGI

「ロジスクエア三芳」は、当該発電設備より発電した電力の供給を受けて自家消費 自立型電源 し、環境に優しい自然エネルギーを活用することで、ESG、SDGs等に対する意識の高まりや、社会的課題へ向けた取り組みを推進してまいります。 テーマ一覧• シーアールイーは11月1日、埼玉県入間郡三芳町に建設する物流施設「ロジスクエア三芳II」を着工した。 3km、国道254号線や国道463号線へのアクセスにも優れる地域。

4
本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。

CREがロジスクエア三芳竣工、プラスに1棟賃貸

CREロジスティクスファンド投資法人は8日、同社のスポンサーである株式会社シーアールイーより、物流施設「ロジスクエア三芳2」の取得に関する情報を第三者に先立ち優先的に同投資法人の資産運用会社CREリートアドバイザーズに提供し、優先的に売買交渉する権利を付与されたことを発表。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。

18
なお、「ロジスクエア三芳」から0. 関越自動車道「所沢」ICより約5. 建設地は、関越自動車道「所沢IC」から4. 2021年度以降に予定されている「三芳スマートIC」がフルIC化で交通利便性の向上が期待される。 周辺は倉庫・工場が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは極めて良好です。

CRE、埼玉・三芳町で1・8万平方メートルの物流施設に着工 │ LOGI

5m以上(一部除く)、平均照度は300ルクス以上、荷物用エレベーター(4. 施設のサイン計画としては、三芳町の特色をテーマにしたフロアカラーを採用し、有効高さ、床荷重、照度などの倉庫機能を可視化したデザインにより、庫内オペレーションの安全面や機能面での向上を図り、また、アメニティとして休憩室、ユニバーサルトイレ、ドライバー専用トイレ、改正健康増進法に対応した喫煙室の設置を行い、サインのデザインと合わせて働く方々の快適性を高めるための工夫を取り入れております。 6km 建物構造 鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき4階建 鑑定NOI利回り 4. 環境面では、全館LED照明と人感センサー、節水型衛生器具を採用。 (12月04日)• (12月07日)• 周辺は倉庫・工場が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは極めて良好。

1
非常時用電源供給装置や緊急地震速報システム、AEDも導入した。

CRE▼「ロジスクエア三芳2」着工

5m幅の大型切下げを設け、1階及び3階のトラックバースは大型トラック計44台が同時接車可能であり、8台分の待機スペースと合わせて、効率的な入出庫オペレーションを実現した。 関越道の所沢ICから約4・3キロメートルに位置し、幹線道路の254号線(川越街道)や463号線(浦和所沢バイパス)にも近接。

19
このフルインターチェンジ化により、「ロジスクエア三芳」の交通利便性は格段に向上します。 シーアールイー(CRE)は6月29日、埼玉県入間郡三芳町で開発を進めていた物流施設「ロジスクエア三芳」が竣工したと発表した。

CRE/埼玉県三芳町に4万m2の物流施設を竣工、プラス専用施設に

19m2 主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫) 構造規模:鉄骨造 地上4階建て 延べ面積:4万752. (12月07日)• これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 ロジスクエア三芳2は、埼玉県入間郡三芳町に2021年3月末竣工予定。

20
施設は約18,800㎡の敷地に地上4階建て、延床面積約40,700㎡の大型物流施設として開発する予定で、2019年3月の着工、2020年6月末の竣工を予定している。 地上4階建て、延床面積1万8000m2の施設で、1階北側に大型トラック18台分のトラックバースを配置。