ホワイト リスト 方式。 技術レポート「ホワイトリスト方式のウイルス対策 ~McAfee Embedded Control~」|ソフテックだより|株式会社ソフテック

制御システム向けの端末防御技術「ホワイトリスト型ウイルス対策」とは? (1/3)

ホワイトリスト方式とブラックリスト方式の特徴 ブラックリスト方式では、新しいウイルス定義ファイルを提供してもらうためにインターネット接続が必要になります。

16
図3 システムの固定化の確認 一度納入したあと長期間稼働するシステムであり、一度設定するだけでセキュリティ対策のための更新が不要ですので、今後のことを考えると費用面を抑えることにつながります。

ホワイトリスト式セキュリティの仕組みとは?ブラックリストとの違い

一方、一般の企業・団体での業務の運用に耐えるには、世の中に数多くあるURL・メールアドレス・アプリケーションを網羅したホワイトリストでなければならず、セキュリティメーカーにとっても、企業・団体内の情報システム管理者にとっても、その継続運用に多大な負担があり、簡単には実現できなかったのです。

16
ホワイトリスト・ブラックリストの比較 ホワイトリスト・ブラックリストのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

ホワイトリスト式セキュリティの仕組みとは?ブラックリストとの違い

実際にチューンナップするには有料版が必要で、有料版ではホワイトリスト方式のウイルス対策ソフトも付いてくる。 このような事態を防ぐためにも、ホワイトリストだけではなくアンチウイルスソフトを併用し、ウイルスを駆除できるようにしましょう。 ウイルスをブロックするためには、適切なホワイトリストの作成が必須です。

18
仮に防御の網をすり抜けてきたマルウェアに感染したとしても、いち早く検知し、内部活動の拡大を防ぐことで、情報漏えいといった最悪の事態を防ごうというものだ。 ちなみにヒューリスティックスキャンについても機能を強化し、複数のパターンで綿密なチェックを行なうことで、他社のウイルス対策ソフトに勝る信頼性を得ているという。

従業員にもIT担当者にも責任を押し付けない、ホワイトリスト式の対策を実現:セキュリティにもコロンブスの卵? 無菌室を保つには

すなわち、既知の悪質なコードをリスト化して保持しており、該当するコードを検出した時には自動で対処する。

6
しかし、ブラックリスト方式にはない注意点もあります。

ホワイトリスト(WL)とは

ホワイトリスト型は許可された内容以外をブロックする仕組みであるため、未知の脅威にも対応できます。

11
5で、ホワイトリスト方式を活用したなりすまし対策を導入している。

WAFのホワイトリスト方式とブラックリスト方式では何が違うの?|ITトレンド

ホワイトリストとは、対象を選別して受け入れたり拒絶したりする仕組みの一つで、受け入れる対象を列挙した目録を作り、そこに載っていないものは拒絶する方式。

7
(ホワイトリスト方式) アダルトサイトや出会い系サイト、コミュニティーサイト(SNS、ブログなど)や掲示板など、犯罪やトラブルの原因となりうる特定カテゴリサイトのURLを指定し、アクセスが制限されます。