フェレンツ ヴァー ロシュ 対 ユヴェントス。 ユヴェントス指揮官ピルロ、逆転勝利で16強決定に「勝ち上がりを決めたことが何より重要」

【JJパジェッレ】CLグループステージ第4節 ユベントス対フェレンツヴァーロシュ

指揮官は「彼の復帰は心強いよ。 この見事なシュートはゴール右下に吸い込まれ、点差を振り出しに戻した。 UEFAによれば、ハンガリー王者であるフェレンツヴァーロシがイタリアのチーム相手にリードするのは1966年以来初のことだったそう。

守備面でもまだ改善点はあるけど、彼は今、学んでいるところだ」と返し、教え子アルトゥールを擁護している。 この見事なシュートはゴール右下に吸い込まれ、点差を振り出しに戻した。

ユヴェントス指揮官ピルロ「バルセロナに敗れたことで改å

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が24日に行われ、ユヴェントスはフェレンツヴァーロシュをホームに迎えた。 トクマク・グエンが右サイドをドリブルで駆け上がってクロスを供給すると、相手DFのスライディングでコースが変わったものの、最後はミルト・ウズニがうまく合わせてゴールネットを揺らした。

18
ただ、ボール回しのリズムが出ず、相手はポジションが取りやすかった。 その後もなかなか攻めきれずにいたものの、試合終了間際にアルバロ・モラタが決めて逆転に成功している。

ユヴェントス、CLのスタメン守備陣に異変!創設123年で初の事態?

1-1で決着かと思われた90分、土壇場でアロバロ・モラタが逆転弾を叩き込み、2-1で勝利を収めた。 最初のプレッシャーが機能していなかったのか 「準備していたほどのプレッシャーをかけられなかった。

10
前半から多少そうできたし、後半は落ち着いたね」 交代で流れをつかみたかったが、モラタだけが輝いた 「(交代選手に)もっと期待していたが、難しい試合だった。 2012-2013• 【スコア】 ユヴェントス 2-1 フェレンツヴァーロシュ 【得点者】 0-1 19分 ミルト・ウズニ(フェレンツヴァーロシュ) 1-1 35分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス) 2-1 90+2分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス). 1903, 1905, 1906-07, 1908-09, 1909-10, 1910-11, 1911-12, 1912-13, 1925-26, 1926-27 1927-28, 1931-32, 1933-34, 1937-38, 1939-40, 1940-41, 1948-49, 1962-63, 1964, 1967 1968, 1975-76, 1980-81, 1991-92, 1994-95, 1995-96, 2000-01, 2003-04, 2015-16, 2018-19, 2019-20• ユヴェントスは19分、フェレンツヴァーロシュに先制を許すまさかの展開になったが、クリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いついて折り返した。

ユヴェントス、GK&DFでイタリア人ゼロ。123年の歴史で初

1970、1973-1978、1985-1987• トルコ人DFメリフ・デミラルまで離脱してしまったため、ユーヴェはCB陣が危機的状況になっている。 2-1で逆転勝利を収めたユヴェントスは3勝1敗で勝ち点を9とし、ラウンド16進出を決めた。

17
1912-13, 1921-22, 1926-27, 1927-28, 1932-33, 1934-35, 1941-42, 1942-43, 1943-44, 1958 1971-72, 1973-74, 1975-76, 1977-78, 1990-91, 1992-93, 1993-94, 1994-95, 2002-03, 2003-04 2014-15, 2015-16, 2016-17• 76分にもアルバロ・モラタがGKとの1対1で打ったシュートはゴールポストを叩いてしまう。 1点が遠いユヴェントスだが90+2分、フアン・クアドラードが右サイドの深い位置から挙げたクロスにモラタが頭で合わせて逆転。

ユヴェントスがラウンド16進出! 後半ATの逆転弾でフェレンツヴァーロシュに勝利(SOCCER KING) チャンピオンズリーグ(CL)・グループス…|dメニューニュース(NTTドコモ)

すると19分、フェレンツヴァーロシュが先制に成功する。

11
60分にはフェデリコ・ベルナルデスキが強烈なボレーシュートを放つも、これは惜しくもゴールポストに嫌われ逆転弾とはならない。 2013-2018 歴代所属選手 [ ]. ただ、ユーヴェは2-1で逆転勝ちし、決勝トーナメント進出を決めている。

ユヴェントス、CLのスタメン守備陣に異変!創設123年で初の事態?

現地時間24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループ第4節で、ユヴェントスはフェレンツヴァーロシュと対戦。 【スコア】 ユヴェントス 2-1 フェレンツヴァーロシュ 【得点者】 0-1 19分 ミルト・ウズニ(フェレンツヴァーロシュ) 1-1 35分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス) 2-1 90+2分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス) 本記事は「」から提供を受けております。

1
トクマク・グエンが右サイドをドリブルで駆け上がってクロスを供給すると、相手DFのスライディングでコースが変わったものの、最後はミルト・ウズニがうまく合わせてゴールネットを揺らした。

フェレンツヴァーロシュDFがC・ロナウドとのやりå

ホームのユヴェントスは35分、クリスティアーノ・ロナウドがエリア外から左足一閃のミドルシュートを放つ。 5】 5-4-1と守備に比重を置いた相手に対し、崩しきれない時間帯が続いたのは確か。 ハンガリー国内リーグで最多の優勝回数を誇る。

16
リガクパ:2回• すると92分、右サイドからのクロスボールを途中出場のFWアルバロ・モラタが頭で決めて逆転に成功。

フェレンツヴァーロシュTC

守備の国として認知されているイタリアの絶対王者でイタリア人のDFがいない事態となった。

8
123年と4371試合を経て、ユーヴェは史上初めてGKとDFにイタリア人がいない公式戦を戦う」とツイートしていたのだ。