ムーン ショット 目標 内閣 府。 『内閣府が正式公表』2050年までの目標ムーンショット計画が怖い

【雑記】内閣府「ムーンショット目標決定のお知らせ」2020年1月23日発表

txtfan0 8月2日 マトリックスのネオが初めて人間牧場 見た時の衝撃をリアルで味わってる感じです、、 あれも予告編だったんだなぁと。 少子高齢化の進展により、今後、我が国では生産年齢人口が減少するが、これは同様の人口動態をたどる先進国やアジア周辺国においても共通の課題となっており、日本は課題先進国としてこの問題の解決に取り組むべきである。

2
関連するエリアとビジョン Area :「地球環境を回復させながら都市文明を発展させる」 Vision :「資源の完全循環」、「自然との共存」 目標設定の背景• 身体の制約からの解放。 かつてのソ連や現代の中国が1984年的な社会であるとするならば、戦後の日本は素晴らしい新世界的な社会とも言えます。

内閣府主導ムーンショット型研究開発制度「破壊的イノベーションを創出せよ」

ターゲット 誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤• Society 5. さらに、人生100年時代において、様々な背景や価値観を持ったあらゆる年齢の人々が多様なライフスタイルを追求できる持続可能な社会(Society 5. それさえも疑問を持たないように子どもの時から洗脳されるのです。 人間の機能の拡張を全員一緒に同じレベルまでできるとは思わないので、ここで人々に差は出てしまうと思います。 2050年までに、微生物や昆虫等の生物機能をフル活用し、完全資源循環型の食料生産システムを開発する。

17
例えば、イーロンマスクさんのニューラルリンク社。 txtfan0 確かに!欧州は一般民衆が立ち上がって勝ち取った権利なのでその尊さは絶対不可侵なのでしょうね。

内閣府主導ムーンショット型研究開発制度「破壊的イノベーションを創出せよ」

空間の制約からの解放は、テレワーク等の普及で移動の自由を奪う事を指すように見える。 肉体を捨てたデジタルの自分。

2
その兄のジュリアン・ハクスリーはトランスヒューマニズムの提唱者で、弟と同じようにテクノロジーによる管理社会を構想していたと考えられるわけですが、現代におけるトランスヒューマニズムの構想もそれが基になっていると考えることができます。

ムーンショット目標決定のお知らせ

仕事も勉強もプライベートもVRで完結させることができるので、現実世界に嫌気がさして、VRに生きがいを求める人も出てくるでしょう。 そして不快になった時は、政府から配給される快楽薬を飲むことで、楽しい気分になります。 --------------- elephantrabbitn 待って待って。

この登場人物たちは、首の後ろにコンセントみたいのがついてて、 電極をズボっと指すといつでもネットに接続。 この辺りは国連の持続可能な開発目標であるSDGsに則っているとみていいでしょう。

ムーンショット目標1~リアルの超越により人は仮想現実で生きる~

日本特有の少子高齢化と国際的な関係性を構築するために身体と処理能力など、人間としての機能を飛躍的に上げようとするのがムーンショット目標1です。

6
そのために、脳内にマイクロチップを入れ、自身の意識をクラウド上にアップロードし、そのデジタル人格を、機械にインストールさせようというのです。 やりすぎ都市伝説でやってたやつです。

ムーンショット目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

大規模農業やメガソーラーパネル設置のために森林破壊したり、資源のために地中や山を掘っていきます。 母数を弄った統計出されて鵜呑みにしたり、権威に盲目になって情報を精査しなかったり。 」 ムーンショット型研究開発制度は、最先端の技術の研究開発を最長で10年間支援するもので、平成30年度補正予算で1,000億円を計上し基金が造成されており、令和元年度補正予算では、150億円が計上されています。

20
出典:内閣府 VR導入の可能性 また、ここでは触れられていませんが、VR技術を導入することも狙っているとみていいでしょう。 ムーンショット国際シンポジウム は、内閣府、科学技術振興機構(JST)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によって、ムーンショット型研究開発制度の運営方法及びムーンショット目標を議論するために2019年12月17日及び18日に開催されました。

社説:ムーンショット研究 壮大なバラマキでは困る

注:サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念。 そこでは、超監視社会の恐怖による全体主義的な世界が描かれている一方で、ハクスリーの『素晴らしい新世界』では、テクノロジーがもたらす洗脳と快楽によって支配される全体主義的な世界が描かれています。 目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 目標3:2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 目標4:2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 目標5:2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 目標6:2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現 参考資料• 宇宙空間や他の惑星での自律的な探索作業の実現• 政府の意向に従っているということ。

6
ジョン・F・ケネディがアポロ11号の初の月面着陸のプロジェクト名が 「ムーンショット」だったんです。 出典:内閣府 また、3つ目のムーンショット目標の詳細では人と同じ感性を持つロボットが人生に寄り添って一緒に成長するとありますから、デジタル人格を持ったロボットの開発を目指しているとしか考えられません。

ムーンショット目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

やり直しましょう。 まとめ ムーンショット目標が目指す社会について取り上げてみました。

5
偽コロナという意味は、 コロナを、誰かが撒いている。

【「ムーンショット」って何だ】コロナ騒動のドサクサ紛れに内閣府が作成した“2050年の目標”「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」にネット困惑: 今この時&あの日あの時

政官業の利権計画によって実現不可能な計画に莫大なカネが注ぎ込まれ、その後始末を国民負担によって強いられます。

19
おかしな話ではありますが、VRが普及し、社会への定着度が高まれば高まるほど、映画のマトリックスのような世界に近づいていくと考えられます。 現在の価値で1500億ドル(約16兆円)以上に相当し、連邦予算の4%近くがアポロ計画に費やされました。