阪急 電鉄 宝塚 線 運行 状況。 阪急電鉄|運行情報|神戸線 宝塚線 京都線

近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

1982年(昭和57年)、阪急で最初の10両編成運転を行ったのも、宝塚本線であった。 方向幕は以下の通りである。 (大正7年)、社名を に改称。

2014年4月1日の運賃改定で190円、270円、280円、320円、370円区間(それぞれ旧180円、260円、270円、310円、360円区間で、370円区間は新規)に変更され、2019年10月1日の運賃改定で370円区間に代わって380円区間、新規に400円区間でも同様の取り扱いを開始した。

阪急電車(阪急電鉄)の時刻表/路線図/定期代

日生エクスプレスがに停車する。 - 神戸本線・(平日朝に大阪梅田行きのみ運転)・宝塚本線(平日朝に大阪梅田行きのみ運転)・京都本線・・• (明治31年) - 阪鶴鉄道が有馬口駅(現在の)まで延伸。 56系統 行(JR西宮名塩経由)• 阪急阪神ホールディングス 『100年のあゆみ 部門史』、2008年、109頁。

14
… 2001年から2009年まで梅田 - 河原町間に運行されていた臨時列車。

近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

- の楽曲。 緑地に白色 - 通勤準急・準急・旧快速• の増発により、運行間隔が10分間隔に変更された。 平井車庫を建設し池田駅から車庫を移転したうえで、池田駅高架化工事中には当駅の折り返し線が使えなかったため、池田駅発着の普通を暫定的に雲雀丘花屋敷駅まで延長するなどの変化はあったが、基本的には30年以上にわたって、昼間はほぼ同じパターンのダイヤで運転されてきた。

16
からまで、春・秋の行楽期の土曜・休日に限り、臨時が運行された(晩年は梅田行きのみ、詳細は当該項目を参照)。 にある。

宝塚駅

(2011年)• 平井駅(雲雀丘駅 - 山本駅間) - 1944年9月1日、山本駅に統合され廃止 過去の接続路線 [ ]• 梅田発の場合、長らく臨時特急が0分・20分・40分発(臨時特急と被る急行は2分・22分・42分発に変更)であったが、その後昭和末期から20世紀末頃までは臨時特急が2分・22分・42分発となった後、最末期の臨時特急は4分・24分・44分発とした。

- 産経WEST、2017年9月1日• 俗に「惣川工臨」と呼ばれる牽引のがこれを輸送している。

宝塚線 座談会

正面の種別・行先表示は他社とは異なり、『行先』・『種別』と逆の表示になっている。 :石橋駅(現在の石橋阪大前駅) - 池田駅間高架化。 過去の使用車両 [ ] 自社車両 [ ]• 私たちの業務は、「電車の運行に関わる者全てがチームとなり、お客様に良いサービスを届ける」ことです。

19
PDf プレスリリース , 阪急電鉄, 2019年7月30日 , 2019年7月31日閲覧。

近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

ただし、1961年の雲雀丘花屋敷駅開業から1962年の花屋敷駅廃止までは朝夕混雑時は花屋敷駅通過 )。 十三線は京都本線へ編入された。

本社はTBSブリタニカ時代から継承して東京都目黒区に置き、大阪市北区の阪急電鉄本社ビル内(の編集部門・広告部門と宝塚歌劇団関連誌の広告部門)と宝塚市の宝塚大劇場内(宝塚歌劇団関連書籍・雑誌の編集部門)にも事務所を構えていた。 - 2009年、に経営権譲渡。

阪急電鉄

10両編成の列車の増発。 2003年8月30日 [ ]• 同年から本格導入。 ただし、この新しい計画も千里山線()と箕面線()の連絡についても双方を最短距離で結びたい阪急と北部(現在の)の交通不便を解消したい大阪府側との思惑が一致せず実現しなかった。

19
- 宝塚本線・(2015年3月21日のダイヤ改正をもって廃止され、宝塚本線の準急に統合) 関西の大手私鉄では唯一「区間急行」など、「区間…」といった区間種別名称での旅客案内を行っていない。

宝塚線 座談会

阪神間に参入したことで、以後既に阪神間でを営業していた阪神電気鉄道とは競合関係となる一方で駅間隔などで棲み分けがなされ、協調関係ともなった。

1
阪急系列のも同様。

宝塚線 運行状況に関する今日・現在・リアルタイム情報|ナウティス

(昭和17年)4月1日 国家総動員法及び配電統制令に基づき設立された関西配電(現在の)に電灯電力供給業務を譲渡。 (30年) - が池田駅(現在の)から延伸した際に、終着駅として開業。

7
8両編成での運行が開始される。