佐賀 コロナ ニュース。 コロナ交付金で「誓いの鐘」 税金の無駄遣いと批判も|【西日本新聞ニュース】

新型コロナ対策に34億円 県議会が開会【佐賀県】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ

約43億円の補正予算案のうち34億円あまりが、新型コロナ対策です。 26日の新型コロナ対策会議でTBSの情報番組に反論する山口祥義・佐賀県知事(右)=佐賀市で2020年11月26日午後3時49分、竹林静撮影 新型コロナウイルス対策を支援する国の地方創生臨時交付金を巡って、自治体の使い道に疑問の声が上がっている。 国の地方創生臨時交付金は総額3兆円。

補正予算案の3分の1にあたるおよそ3億円が新型コロナウイルス対策に充てられていて、この中では感染拡大の影響で利用者が減り、運賃収入が落ち込んでいる市内のバスとタクシー、合わせて66の事業者に対する支援策として、総額1億8000万円余りを支給する事業などが盛り込まれています。 一般の避難所に加え、コロナ禍で介助や見守りが必要な高齢者や障害者、妊婦らを受け入れる福祉避難室も開設した。

それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

18利用• 佐賀県の11月定例議会が26日開会し、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ約43億円の補正予算案を提出しました。

14
2日開かれた初公判で男は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

コロナ支援など佐賀市補正予算案|NHK 佐賀県のニュース

10
山口祥義知事は「哀悼の意を表するとともに、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみを申し上げる」とした上で「県内で初めてとなる訃報に接し、沈痛な思い。 専門家らは、疑問や批判を招かないような国による基準作りの必要性などを指摘している。

<新型コロナ>入院中の90代女性死亡、佐賀県内初 死因は誤嚥性肺炎|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

昨年8月の記録的大雨時の避難者数を大幅に上回った。 県はこれまで96億円を予算化。 交付金は直接的に役立つ施策に使ってほしい」と望む。

4
59人目)• (小部亮介). 同型の鐘を県庁に設置し、子どもたちが過去の差別を学び、新型コロナによる誹謗(ひぼう)中傷をしない思いを持ってもらうことを目的とする。

新型コロナウイルス(新型肺炎)特集|佐賀新聞LiVE

担当課は「洋式だとフタを閉めて水はねを防げるため、感染防止になる」と話す。 TBSに対しては「もう一度、佐賀県の徹底したコロナ対策、現場支援、経済対策に至るまで、これまでの取り組み全体を見て、再度ご批判いただきたい」とした。

残り5%を誓いの鐘や障害者スポーツ施設のトイレ改修、電光掲示板の購入補助などに充てるのは適切だと説明する。

佐賀県知事、TBS情報番組に「抗議する」 コロナ対策交付金事業批判受け|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

この使い道を巡って、テレビ番組やネット上で…. 誓いの鐘は山口祥義知事が発案した。

9
ただ、県議が「それならば一般財源でやるべきでは」と指摘すると、山口知事は「両方あり得ると思うので、その点は議論がある」と述べた。 国が佐賀県に交付決定した地方創生臨時交付金は総額約151億円(11月27日時点)。

新型コロナ対策に34億円 県議会が開会【佐賀県】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ

自治体が新型コロナウイルス対策に充てる地方創生臨時交付金を巡り、TBSが情報番組で佐賀県の事業を批判したことを受け、山口祥義知事は26日、「共にコロナと戦っている佐賀県民の心を傷つけた。

そのほか、ANAグループから出向社員10人程度を受け入れる人件費の一部負担金として1075万円を計上。