静岡 県 知事 リニア。 リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏

親中の川勝平太・静岡県知事がリニア建設を大妨害!!「習近平主席の言葉は、現代の人類社会へのメッセージ」などと主張する川勝知事が、今度は発言撤回したはずのリニア新幹線ルート変更を要望!!

静岡県の有識者会議の委員も専門家会議のメンバーに入っているとのことだったので、その県のメンバーが、静岡県を代表して利害をいえるはずですよね。 しかし、最近は 水資源を理由に反対しているようです。 専門部会では、リスク管理や"命の水"に対する流域県民の思いに対し、JR東海は認識不足を露呈し、かつデータを出し渋りました。

17
トンネルを掘れば必ず水が出ます。

川勝平太静岡県知事のリニア対応がおかしい?反対理由は自民が嫌いだから?

川勝知事は、朝日新聞連載の第3回「手記」最後で、わざわざ「反リニアではない」と断っている。 〔『中央公論』2020年11月号より〕. 国交省は、絶対に、内心怒っていますよ。

1
桜井議員は、各質問について、「科学的な根拠をお示しいただきたい」と知事に答弁を求めた。 理由は、何でもいい。

リニア問題点をわかりやすくまとめてみた!静岡県民の反応は川勝知事を支持します!

リニア問題の経緯についてわかりやすく リニア問題をわかりやすくするために今までの経緯について時系列でご紹介していきます。 リニア新幹線のトンネルで「最大で毎秒2t」と予測される減水量の約2. リニアが消費する莫大な電力源確保はできるのか? (4)「南アルプストンネル」避難路は直線3㌔を登り、出口は南アルプス山中であり、非常に危険ではないか? (5)超電導コイルに必要な希少金属は世界中で取り合いであり、超電導磁石の原料は確保できるのか? (6)リニア計画の審議会答申前に行われたパブリックコメントでは73%が否定的だった。

落としどころを、できるだけ静岡県にとって有利なものにしようと。 採算ラインの半分にしか達しない惨憺(さんたん)たる状況で、リーマンショック後の静岡県経済「停滞」の象徴となってしまった。

リニアを止める静岡県 川勝知事「ヤクザ・ゴロツキ」暴言問題の背景に「ハコモノ行政」 (2/4)

行政の対応としては非常識。

リニア中央新幹線の東京・名古屋間の約286キロのうちで、静岡工区は地下トンネルの約8. 専門部会は「全面公開」(希少動植物の生息地が明らかになる場合を除く)で、南アルプスと大井川の特殊性を踏まえた科学的根拠に基づく対話をJR東海と続けています。

元経産官僚・岸博幸が斬る――リニア反対は「私利私欲」、静岡県を貶める「川勝知事のパフォーマンス」

静岡県には六つの新幹線駅(熱海・三島・新富士・静岡・掛川・浜松)がありますが、「のぞみ」は停車しません。 後に、川勝平太知事はこのことを撤回して謝罪していますが、これだけ厳しい言葉でののしったということは相当嫌っているのでしょうね。

10
リニア中央新幹線と来年の静岡県知事選挙 静岡県の知事、川勝平太氏は、民主党、社民党、国民新党推薦で初当選しています。

静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】 (1/5)

「スーパーメガリージョン」構想の策定委員だった知事がすでに時代遅れと言うならば、同構想を推進するためのリニア計画は不要となる。

7
リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事について会談する静岡県の川勝平太知事(左)とJR東海の金子慎社長=6月26日、静岡県庁[代表撮影](写真:時事) 「本質を見失ってはいけない。

川勝平太静岡県知事のリニア対応がおかしい?反対理由は自民が嫌いだから?

それは、改革派の牧野百男(まきの・ひゃくお)市長が、若い人ややる気のある職員の才能を最大限に引き出しているからです。 リニア中央新幹線事業に係る環境影響評価手続情報. 川勝知事は12月19日、JR東静岡駅前に計画している図書館などが整備される予定のいわゆるハコモノ施設「文化力の拠点」について、来年度予算を認めない県議会の自民党系の最大会派「自民改革会議」を、こう侮辱した。

他の電力源として、大型水力発電はダムの堆砂問題が深刻で、これ以上の建設は無理です。

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏

リニアは地下を走るので地上の豪雪に左右されません。

9
県民の水資源を心配する知事の態度は自治体の長として理解できる部分もありますが、ことはすでに静岡県だけの問題ではありません。

リニアを止める静岡県 川勝知事「ヤクザ・ゴロツキ」暴言問題の背景に「ハコモノ行政」

翌20日、川勝知事は、自民党県議団の控室に出向いて、「あの発言は、私が言ってもいないことをマスコミが書いた」と責任転嫁。

13
ところが、国の会議のメンバーを静岡県が自薦他薦を問わず公募するというのは、どの程度、有識者としての資格があるかどうか、分からないじゃないですか。 ほかにも 生態系への影響などについても懸念があるということで、川勝平太知事はJR東海に対して注文を付けていて、主張がいろいろ変わっているようです。