ゲーム 1 時間 条例。 「ゲームは1日60分」条例はあり? 世論調査で「賛否が割れた」地域

2xuteamwear.com:香川県「ゲームは1日1時間条例」成立へ 県外の声は届かず

幼稚園の頃から、なかなか家から出づらい「行きしぶり」があり、小学校2年生ぐらいには、クラスになじめず学校から足が遠のいた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 個々の自由をどうこうする気は毛頭なく、ゲームなども適切な範囲でするのなら問題ないと考えております。 また、3月にはに寄稿した上で、マスコミによる依存症に対する過度な強調にも問題があるとし、前述の産経新聞の社説についても「科学的な研究に反している」とコメントしている。

13
しかし小幡さんはできるだけ子どもから話を聞きたかった。

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例

子供のネット依存が広まっているという厚生労働省の調査結果を受けて、香川県議会では、子供がネット・ゲーム依存症に陥らないための取り組みを検討してきました。

それぞれの家庭で「これなら守れる」というルールをつくって、実行できたらいいですね。

ゲーム1時間条例

条例は18歳未満を対象に遊ぶ時間のルール作りなどを各家庭に求める内容で、今年3月、県議が提案し、賛成多数で可決された。 こういう議論になると ゲーム1時間条例みたいな 頭の悪い考えを元に作られた決まりは 論破されてしまい終わりです。

KSBもその点について反省の一文を入れています。

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例

パブリックコメントに対する議会の振る舞いは、パブリックコメントが賛否を分けた多数決であるかのように誤解を与え、パブリックコメントの信頼を損ねるものであったとし、結果の公表方法に問題があったなどとして、今回の条例の制定過程を検証するように求める意見書を、京都市の市民団体が提出した。

逆に、「制限すべきでない」と回答した方は7. 「反対333人どころか総数300件でも尋常じゃないくらい多いのに、2268人が賛成というのは人口100万人もない香川県で出る数字ではない」 「この2000を超える賛成意見というのは正直に眉唾ものだと思っています。 ここでの意見を踏まえて最後の検討委員会を開き、最終案を報告することになるでしょう。

ゲーム規制条例案に賛成が49.75%?子育て世代の親に子供のゲームのプレイ時間について聞いた結果を発表|株式会社Wizleapのプレスリリース

また、の作花知志はで保障されている個人のや、に対する不当な干渉であり、第13条に違反する可能性があると指摘している。

意見を寄せた県民2613人のうち、9割に近い2268人が賛成しており、反対は333人という結果に。

【規制】香川のゲーム禁止条例、賛成?反対?ネットの声は… │ 黒白ニュース

外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 30~60代は賛成が3割前後、反対が6割前後でした。 不思議なことに、丸っきり反対の数字になっているのです。

18
また、条例による県のイメージ低下については「批判の中に県のイメージの問題にもなるという意見もあったと思いますけども、それが事実である、あるいは大勢を占めるとは必ずしも受け取ってはいない」と語った。 他の都市での反応 [ ] この条例案を受けて、の市長は2020年1月15日、実効性のある同様の対策を検討するよう市の教育委員会に指示した。

【規制】香川のゲーム禁止条例、賛成?反対?ネットの声は… │ 黒白ニュース

そして、「1時間」という根拠は? と聞かれても、その時に、閃いた言い回しに近いので、全くと言っていいほどに根拠など有るわけがありません。 また、件名には「依存症」を「依存層」と誤りながら「ネットゲーム依存症対策条例が通る事により、皆の意識が高まればいい」との表現が含まれているものが21件もあり、「条例にについて」と記された50件の意見の内の大半では「ネットゲーム依存条例に賛同」か「ネットゲーム依存条例に賛成」とだけ記されていたり、同様の誤りを含む賛成意見が多数あること、理由については無回答であったことが判明している。 の三野靖教授は「なぜこの条例を制定したのか、そしてなぜ(ゲーム利用の)時間制限なのか、なぜパブリックコメントは公にできないのか、説明できない中で採決したっていうことは極めて議会として無責任な対応だと思います」と述べている。

4
なお、学習目的での利用についてはその限りではなく、条例に違反しても罰則などの規定はないとしている。 同年秋から条例検討委員会を開催して議論を重ねたり、の公募を行う()などした結果、大山議長が「本来であれば依存症対策は国がやるべきことだが(条例をきっかけに)色々なところで議論になればいい」と語り、3月18日に同県議会に議員提案として提出した。

「ゲームは1日1時間」高橋名人が「香川県ゲーム依存症条例」についてコメントを公開

2~3歳の時に弱視や斜視があり、ものを見る力がとても弱く、集中的にものを見る力をつけるために、医師にゲームを勧められたという。 この際、自民党県政会の氏家孝志議員が「賛成がこれだけ多いんだからもう決をとったら」と発言した。

15
そこに引っ張られ、3月12日の発表時に、我々報道機関が「県民の8割が賛成」という見出しで報じてしまったことは反省すべきだと思います。 また、条例案の最後には「施行後2年を目途として、この条例の施行状況などを勘案し、検討が加えられ、必要があると認められるときは、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする」という言葉が追記されました。