甲斐 めし。 50年愛されるあわび煮貝の老舗│株式会社信玄食品

甲斐野選手のかつめし弁当

カルシウムやカリウムが多い健康野菜で、サラダ、スープ、炒め物、おひたしなどに用いられる。 昔ながらのおまんじゅうな雰囲気だから、お茶菓子にもピッタリ!甘養亭と栄昇堂の2店が特に有名で、それぞれのおまんじゅうを食べ比べしてみるのもオススメです。

・定休日:年中無休• 無断駐車は、営業に支障をきたすためご遠慮ください。 甲州ワインビーフ(甲斐市)甲州ワインビーフは、山梨県のワインが生み出したブランド牛で、ワインを絞った時に出るブドウ粕を牛の餌に与えて育てた牛です。

山梨県/「特選 やまなしの食」紹介ページ

あっさりとしているから暑い夏にピッタリ!滋養強壮に優れた長いもが使われているので、夏バテ対策にもオススメです。

19
見た目はただの饅頭に見えますが、身延饅頭の特徴は皮に味噌が練り込まれていること。 小作秘伝の製法で作られたほうとうは絶品です。

50年愛されるあわび煮貝の老舗│株式会社信玄食品

レシピは店によって違うが、基本は焼きそばに中央市産の完熟トマトと、フジザクラポークを使用したトマトソースをかけたものとしている。 野菜をベースにした秘伝のダシにオリジナル味噌を加えたら小作のほうとう汁の完成!オンラインショップでも購入することができるので、家庭で楽しんでみるのもオススメですよ。 1台分は、自家用車兼用となっております。

5
使われる味噌はもちろん甲州味噌で、信州味噌と似た塩気の強い味わいが特徴です。 ・電話番号:055-222-5613• 甲州小梅 《地域》峡中地域、峡東地域、峡南地域 甲州小梅は、江戸時代後期には山梨県の特産品として記録が残っており、現在でも小梅の生産は日本一で、県内での梅類の販売では、甲州小梅が圧倒的に支持されている。

ブレーメン

あんこを入れ、「びんた」をするように作るため「あんびん」と呼ばれるようになったとも言われている。 とっても広く明るいレストランでランチに「甲斐サーモン」が頂けます。 そんな馬刺しが堪能できる「みかど」では、臭みが全く無くお値段もリーズナブルなんですよ。

手打ちそば 《地域》身延町、小菅村 等 江戸時代に入り、甲州市大和町の天目山栖雲寺でそば切りが始まったとの説があり、「そば切り発祥の地」とされている。 ・名称: みかど• 自家用車を移動いたします。

名物サムギョプサル 金豚亭(甲府/韓国料理)

おつけだんごのほかにも赤富士ラーメンやかっぱめし、ほうとうなど山梨のご当地メニューが多数取り揃えられており一度は立ち寄ってみたいパーキングエリアです。 甲州地どりが楽しめる「もてなしや 三ツ星 富士吉田店」なので、山梨県のいたるところで甲州地鶏は味わえますが、「もてなしや」のたたきを始めとして刺し身や溶岩の赤外線でじっくり焼いた「甲州地どりの溶岩焼き」などクォリティーが高いグルメが頂けます。 ・住所:山梨県北杜市高根町清里3545 清泉寮• 海産物の出汁に、雑穀、豆餅が入ったお粥である。

6
皮のまま茹で、しょうゆや塩などを付けて食べる「きぬかつぎ」など、素材を生かして食べるのが人気。

弥生町 洋食こじま

大正時代初め、じゃがいも料理が得意な山師の権兵衛が考えたのが最初など、諸説ある。 【感想】 ・左半分は圧倒的なビフカツ。 茂倉瓜の冷や汁 《地域》早川町 早川町茂倉地区で、代々自家播種しながら130年前から栽培されている茂倉瓜を、千切りにし、冷たいだし汁にみそと一緒に入れ、ねぎやえごまなどの薬味を加える。

16
・定休日:月曜 祝日の場合はその翌日、その他美術館休館日• カウンター席で1人で笑いながら食べるのは怪しいので、後で反省しました 次回は複数人で伺って他のメニューも是非食べさせてもらおうと思います。

山梨県/「特選 やまなしの食」紹介ページ

・定休日:月曜日 祝日の場合は営業し、火曜日が代休• 遠方からの常連客も多い、オススメのお店です。

8
・名称:松風• 干し柿でも「ころ柿」は水分が25~30%で白い粉が吹いており、水分が50%前後で軟らかいものは「あんぽ柿」と呼ばれている。 ・住所:山梨県甲府市貢川1-4-27 県立美術館1F• 太麺なのに固すぎず、煮込んでも柔らくなりすぎないため、お土産にもオススメです。