内田 和 成。 内田和成のビジネスマインド

『仮説思考』(内田 和成/著)|要約書評|BOOK

ですから、 たとえば「生活必需品はネットで買ってもらっても構わない」と線を引いて、 自社の哲学に共感してくれる顧客を大切にすることが、 競争に勝ち残れる秘訣だと考えています。 「たぶん、こうじゃないかな〜」 と思ったものは全て仮説です。

実際にコンサル志望の人と、 議論やディスカッションをしたことが、 あったのですが、 みんな頭良すぎてびびります。 顧客インテリジェンスやDMP(データ管理プラットフォーム)、 リアルタイムCDP(カスタマーデータプラットフォーム)といった データ基盤 の構築、 パーソナライゼーションに欠かせない膨大なコンテンツを生成し活用するための コンテンツ基盤 の構築にご興味をお持ちの方は、 アドビへご相談ください。

会社案内

色々なことに気を取られてしまい、 身動きができなくなってしまうからですね。 プロフェッショナルは結果がすべて 音部大輔氏(以下、音部) プロフェッショナルを定義するとしたら、内田先生はどうお考えになりますか? 内田和成氏(以下、内田) 私は「結果がすべて」だと思っています。

4
冨山さん、波頭さんもかつてはリグを100本打っていたものが、経験を積むと2,3本で行けるようになる。 オリンピック・パラリンピック• コミュニケーション• 日本航空株式会社を経て、現在に至る。

写真 : 和ごころ 成

そして前にも書きましたが、 仮説というのは誰でも、 毎日考えることです。 この問題を解決するために、セブンイレブンはどのような手を打ったのか。

2013年 9月 山口配送センターを開設。

内田 和成のプロフィール

どんな店でも陳列スペースには限りがある。 実行の有無にまで立ち入れないことが多いんです。 まずはセブンイレブンの、 仮説検証システムについてです。

12
株主、投資家等の皆様に対して、当社の経営方針や当社の財務内容、事業活動状況等を適正に開示し、企業活動に対する理解と透明性の高い企業としての信頼を得るように努めます。

内田 和成のプロフィール

また、キユーピー、ライオン、三井倉庫などの社外取締役も務める。 仮説思考(内田和成著)の概要 それではこの本の概要です。

14
序章 仮説思考とは何か 第1章 まず仮説ありき 第2章 仮説を使う 第3章 仮説を立てる 第4章 仮説を検証する 第5章 仮説思考力を高める こんな感じで進んでいきます。 東京大学工学部卒業。

内田和成のビジネスマインド

内田氏の書き振りはどんな人が読んでも読みやすく、多数の事例が記載されていて読みやすい。 だから、生まれて一度も仮説を、 立てたことがない人は、 一人もいません。 どちらにしろ非常に学びになる、 内容がたくさんありました。

1回の失敗でアウトにしちゃうのはもったいないと考えることもできます。