国土 交通 省 xrain。 国土交通省

新型高性能レーダ(XRAIN)の降雨観測エリアが拡大されました。

国土情報課• 2017年(平成29年)8月15日(XバンドMPレーダ — 1局増設:計38局・CバンドMPレーダ — 5局増設:計14局) 沖縄本島のCバンドレーダ雨量計 と、北海道に4基存在する国土交通省のレーダ雨量計のうちCバンドレーダ雨量計 がマルチパラメータ化され、沖縄県と北海道・地域に観測範囲が広がる。 『』 -。

7
7月1日、省内横断的な体制の確立や関連する行政の一元化等を図るために局の再編が行われ、関連行政を一元化するため、河川局と土地・水資源局水資源部、都市・地域整備局下水道部を再編して「水管理・国土保全局」に、土地・水資源局のうちの土地行政部局と総合政策局のうちの建設産業行政部局を再編して「土地・建設産業局」に、国土計画局と都市・地域整備局を「国土政策局」と「都市局」にそれぞれ再編したほか、「国際統括官」が設置され、自動車交通局は「自動車局」に改称された。 - チャンネル. (法律第6条)• (政令第191条)• (2017年8月14日時点のウェブ魚拓によるアーカイブ)• (第121号) 組織 [ ] 国土交通省分館(中央合同庁舎第2号館) 国土交通省の内部組織は一般的に、法律の、政令の国土交通省組織令および省令の国土交通省組織規則が階層的に規定している。

新型高性能レーダ(XRAIN)の降雨観測エリアが拡大されました。

2020年12月08日 網走開発建設部• (政令第2条)• 企画部• 2020年12月03日 留萌開発建設部• 企業においても、これをビジネスチャンスと捉え活動を活発化させている。

10
都市鉄道政策課• 審議官• 2020年11月26日 網走開発建設部• 2020年11月21日 留萌開発建設部• 防災科学技術研究所 2016年9月8日閲覧• 公益社団法人日本測量協会関西支部 2016年9月10日閲覧• 興味ある方は是非行かれたら良いと思います。

国土交通省 XRAIN raw データ

職員構成上の特色として、技術系職員()の採用比率が高いことが挙げられる。 危機管理・運輸安全政策審議官• レーダによる雨量観測の利点は地上雨量計のような「点」での観測ではなく、広域的な「面」で雨量を観測することができるということである。

16
河川環境課• 建設市場整備課• 災害地域からの集団的移住(第43号)• また、逆に首都圏など人口密集地の場合は電波利用が集中しており、他の研究用・現業用Xバンド帯との電波干渉が起こる危険性も高くなるため 、技術的に乗り越えなければならない課題が多くなる。

国土交通省

公文書監理官• 2020年度(平成31年度)予算における自動車安全特別会計の歳出予算は、保障勘定が25億927万1千円、自動車検査登録勘定が376億4565万7千円、自動車事故対策勘定が143億5203万7千円、空港整備勘定が6633億8878万1千円となっている。 2017年(平成29年)3月28日 CバンドMPレーダの運用が試験運用から正式運用へと切り替わり、XRAIN拡大試行版が「XRAIN GIS版」としてリニューアルされる。 降水予想も見ることができる。

国土交通省四国地方整備局(2017年(平成29年)8月4日発表) 2017年8月7日閲覧• 出典 [ ]• 海上・港湾・航空技術研究所• 広報 [ ] 国土交通省が編集する白書には「国土交通白書」、「土地白書」、「観光白書」、「日本の水資源」、「首都圏白書」、「気象業務はいま」(通称:気象白書)および「海上保安レポート」(旧称:海上保安白書)の7種類がある。 国土交通省(2012年(平成24年)7月11日発表) 2016年9月10日閲覧• 貨物利用運送事業(第19号)• 地籍整備課• カバーされていない地域(=Cバンド)も一応トップページでだいたいの様子をつかむことはできるが、こちらは低解像度で見づらい。

グラスプ(Grasp) produced by 国土交通省

当初は8月11日に稼働する予定であったが、8月14日にシステムの変更作業が行われ 、予定より4日遅れとなる8月15日から正式に運用を開始した。

13
(NEXCO東日本)• ・・(第72~76号)• 科目別の内訳は、政府資産整理収入が630億75万8千円、雑収入が7508億1080万7千円となっている。

国土交通省

内航課• は認められており、職員はとして国公法の規定する「」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。

2017年(平成29年)2月13日(XバンドMPレーダ — 1局廃止:計37局) 一関局(栗駒山周辺地域)が観測所の廃止に伴い運用を終了し 、2011年から観測を続けてきた栗駒山周辺地域のXバンドMPレーダが2局とも閉局となる。

新型高性能レーダ(XRAIN)の降雨観測エリアが拡大されました。

総括監察官• 各大都市圏・各地方の開発政策(第24号)• 流域管理官• の登録及び自動車抵当(第79号)• (2017年11月8日時点のによるアーカイブ)• 自動車安全特別会計予算定員の勘定・機関別内訳は自動車検査登録勘定が1,394人 本省131人、地方運輸局1,263人 、自動車安全特別会計空港整備勘定が6,413人 本省585人、国土技術政策総合研究所2人、地方整備局が63人、航空保安大学校307人、地方航空局3,757人、航空交通管制部1,213人、気象庁486人 となっている。 不動産の鑑定評価(第33号)• それには43の事業者が応募・決定し、提供実験を行ってきました。 財政 [ ] 2020年度(平成31年度)予算における国土交通省所管の歳出予算は6兆8982億6155万3千円。

地域交通課• 国土交通省(2012年(平成24年)7月11日発表) 2016年9月5日閲覧• 幹部 [ ] 一般職の幹部は以下のとおりである。 国土交通審議官:• 空港業務課• 港湾空港部• 水資源計画課• 観光地域振興部• 国土交通省国土技術政策総合研究所 2016年9月10日閲覧• そして(平成21年)より整備が始まり 、(平成22年)7月より一般向けデータ提供を開始し 、その後順次レーダの増設によってデータ提供範囲を拡大して現在に至っている。

グラスプ(Grasp) produced by 国土交通省

2016年9月10日閲覧• (NEXCO中日本)• 政府資産整理収入の大部分は、回収金等収入(特別会計整理収入(社会資本整備事業特別会計の廃止に伴って一般会計が承継した債権の回収額。

19
日 時:7 月3 日(水)13:30~16:00(13:00 開場) 主 催:国土交通省、国土技術政策総合研究所 場 所:科学技術館 サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2-1) プログラム: ・XRAIN の紹介 ・基調講演 「X バンドMP レーダによる防災・減災技術の発展への期待」(中央大学理工学部 山田正教授) ・技術研究開発成果発表 ・総合討論. 国土交通省東北地方整備局(2011年(平成23年)7月1日発表) 2016年9月10日閲覧• 例えばには、「土地白書」は「地価、土地利用、土地取引その他の土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策に関する報告」と「土地に関する動向を考慮して講じようとする基本的な施策を明らかにした文書」が収録される。 総務部(政令第226条)• 及び近畿圏の既成都市区域の過密防止・近郊緑地保全(第38号)• 人事課(政令第22条)• 「」(最終改正:令和2年3月30日国土交通省省令第18号)• 船舶産業課• 自動車技術総合機構• 2020年12月04日 帯広開発建設部• (第11号)• 『』 - 国土交通省総合政策局政策課• (2人)• 国土交通省が主管する(特別民間法人)は、2020年4月1日現在、以下の4法人がある。