地方 銀行 経営 悪化 の 最大 の 要因。 焦点:地銀の収益環境が悪化、信用コスト増と含み減 格差も鮮明

超低金利の長期化で地銀経営が悪化 日銀側は「構造的問題」と反論(1/2ページ)

伊予銀行は新収益源として「海外拠点機能を生かし外貨資産の積み上げや証券、保険、ソリューションなどの業容を拡充する」(大塚岩男頭取)計画だ。

以後同県に本店を置く地方銀行は存在しない(第二地方銀行は存在する)。

7割の地銀が実質赤字

ある地方銀行の幹部は、自らの銀行の業績悪化を目の当たりにし、ありとあらゆる生き残り策を思い巡らせた。

86 0173 いよぎんこう 38201-9 152 48,193 37,253 13. 成長分野への融資拡大やサービス改善などで収益基盤の強化を急ぐ。 金利政策への転換が「リフレ派の敗北」などと批判されたため、余計に削除が難しくなったとみられる。

インタビュー:地銀収益悪化、日銀のせいにしても仕方ない=金融庁長官

さらに経常利益および当期純利益に目を向けると、業務純益の減益を臨時損益の増加でカバーできなかったため、経常利益、当期純利益ともに高い水準を維持しているものの、2期連続の減益となった。 (注)コア業務純益とは、 1 「資金利益」(貸出金利息、有価証券利息配当金、預金利息<控除項目>等)、 2 「非資金利益」(役務取引等利益、特定取引利益等)から、 3 「経費」(人件費、物件費等)を差し引いたもの。

企業や家計の資金需要は、厳しい貸出競争のもとでほとんど満たされてきた。 マイナス金利政策とは、日本銀行当座預金や民間銀行預金に手数料を賦課することである。

地銀の業績さらに厳しく。「すべてマイナス金利のせいではないが…」(ニュースイッチ) 地方銀行の苦境が鮮明になっている。日銀…|dメニューニュース(NTTドコモ)

重要ニュース解説「今を読む」 めまぐるしく変化する世の中で、あふれる情報に付いていくだけでも大変だ。 また成長分野への参入については近年、医療・介護、不動産業(賃貸住宅)、宿泊業などが注目されており、医療経営士、医業経営コンサルタント、介護福祉経営士などを行員が取得することで積極的な進出を図る銀行や、賃貸住宅関連では専門部隊の増員を図る銀行もある。

17
専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。 熟慮の末に、一つのアイデアを思い付いたその幹部は、遠方にある別の有力地銀に赴いた。

地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も:朝日新聞デジタル

地域金融機関は、これまで住宅ローン、地方公共団体向け、大都市での大・中堅企業向け貸出の伸長に注力してきた。 2015年度の第二地銀の業務純益及び業務粗利益は2014年度と比較すると、両方とも預貸金収支(=[貸出金利息-金融機関貸付金利息+手形割引料]-預金利息)の減少が主因で減益となった。

もちろん、貸出金利も下がったが、その一方では預金金利をマイナスにすることはできず、文字どおり、形だけのプラス金利が設定されている。

地銀の業績さらに厳しく。「すべてマイナス金利のせいではないが…」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

だが、それだけではない。

12
地銀連合です。 早い話が、よその軍門に下るというかたちでの経営統合である。

30年前と同じ轍を踏む「地銀」が抱える構造問題

原油安の下押し効果の剥落でプラス転換するが、市場関係者は「物価上昇は限定的で、後半に物価は再び低迷する」(外資系証券エコノミスト)と悲観的だ。 余談ながら。

14
一方で、観光や建設関連の産業が堅調な沖縄は3行中2行が増益だった。

地銀の経営悪化、歯止めかからず 構造的問題に打開策なく (1/2ページ)

独自のデータベースを活用した顧客分析の効果だとしている。 そのことに疑いはない。

15
これは技術的にも社会的にも難しい。