浦井 健治 twitter。 浦井健治

新納慎也・浦井健治・伊礼彼方ら豪華ゲストが登場 『プリンスロード』で生歌スペシャルライブの開催が決定

THE BIG FELLAH ビッグ・フェラー(2014年5月 - 6月、世田谷パブリックシアター 他) - マイケル 役• 道路の信号で横にすごい車が来て青信号になってこっちは一生懸命アクセルを踏むんだけど、すごい車はビューンといってしまうんです(笑)。 慣れると大丈夫なんですけどね。 初演(2017年2月7日 - 28日、日生劇場)• ミュージカル「 -OKUNI-」 - 一蔵 役• 山口:僕が演じる画家は抽象画家ということですが、何を描きたいかという事を考える前に何もないところから何を自分が見つけ出すのか。

5
ストレートプレイ 「 -混沌-・ -戴冠-」 - 役(2016年11月26日 - 12月22日、新国立劇場 中劇場)• そんな中、保坂が山口と浦井の関係について指摘すると、山口が慌てて「そういう言い方すると、いろんな意味合いになるので、気をつけてください」と笑いながら注意。

CANDID

外部リンク [ ]• 共演の保坂知寿から「お2人が一緒のところにご一緒したことがなかったので、今回が初めてなんですけど、異常に仲が良いんです」と指摘されると、2人が思わず顔を赤らめた。 仲間であるジェッツのメンバーたち、そして親友リフと組んで芝居ができるというのも男として楽しみで、その上、青春時代にみんな通ってきている道、僕が若いときに憧れていた部分もあるので、それを再体験できるというのはすごくワクワクします。 ミュージカル「」 - ヴァレンティン 役• 画家の禅定寺恭一郎(山口)と、禅定寺の家政婦・中村好子(保坂)、禅定寺のアトリエにやってきて「弟子にしてください」と言い出す若者・須藤冬馬(浦井)によるコメディーで、永遠のテーマである愛の形を導き出していく。

2
(2017年4月21日~6月16日、テレビ東京) - 藤岡祐一郎 役• ストレートプレイ 「星ノ数ホド」(2014年12月3日 - 21日、新国立劇場 小劇場 12月27日、兵庫県立芸術文化センター) - ローランド 役• 保坂:浦井さんが先に歌い出すんですよ。

浦井健治&山口祐一郎は「異常に仲が良い」 保坂知寿がぶっちゃけ|【西日本スポーツ】

もちろん不安はあるけど、今日の日のためにやってきた稽古を信じて、楽しみたい!というのが正直な気持ちです。 特技は、、。

5
ミュージカル「シャーロックホームズ アンダーソン家の秘密」 (2014年1月17日 - 2月27日) - アダム・アンダーソン/エリック・アンダーソン 役(2役)• 3人ともがそれくらい準備して臨んで、今の時点でここまでできているものを、さらに練り込んで魅力的な作品になればいいなと願っています。

保坂知寿「浦井健治さんが山口祐一郎さんの事をどれだけ好きかが分かった(笑)」と笑顔 舞台『オトコ・フタリ』インタビュー

何気ないやりとりを通して、一筋縄ではいかない3人の人生が見え隠れする。 荻田浩一版再演(2014年9月 - 10月、天王洲銀河劇場、サンケイホールブリーゼ)• お弁当、温めますか? また22日月曜13:30からの公演では、アフタートークショーを開催する。 また保坂が「いつも大作に出演する山口さんを今回はこの(小規模な)作品で見れるのは贅沢。

8
本読みが終わった後で、田渕さんは『今の時代は表には出さないが一人ひとりが困難を抱えて一つひとつ乗り越えている、その重さみたいなものをこの喜劇の中の場面に出て、観客と共感出来ると良いなぁ』とおっしゃったんです」と振り返り、それが実現できるよう力を注ぎたいとコメントしていた。 ミュージカル 「タイトル・オブ・ショウ」(2014年8月、シアタークリエ) - ジェフ 役• 現代劇でリアルな話だからこそ、すごく繊細なお芝居なのだなと思いました。

ミュージカル『アルジャーノンに花束を』が上演中。浦井健治、良知真次らコメントをUP

浦井さんはそのトークショーでも、また今の稽古場でもどれだけ山口さんの事が好きかという事が分かりましたね! 浦井:(笑)。

8
柿澤:好きですけど(笑)。 (2010年10月4日 - 30日、帝国劇場)- 伊礼彼方(9月)、(8月) とトリプルキャスト• ミュージカル「」- サム・ウィート 役• そういうのを目の前でやられると(自分との)明らかな才能の差を感じ、そういう事を謙虚に受け止めないと。

新納慎也・浦井健治・伊礼彼方ら豪華ゲストが登場 『プリンスロード』で生歌スペシャルライブの開催が決定

俳優の、が11日、東京・シアタークリエで行われた舞台『オトコ・フタリ』囲み取材に出席。

5
その為、2枚でご. 先輩二人の絆は長年築いてきたトップアスリートの歴史でもあり、その一部をこの仕事をする事で僕は垣間見せていただいているんです。 主役を観るもよし、後ろで起こっていることを観ることもできる、それが舞台の醍醐味のひとつだと思うんですが、回るとなるとその情報量がすごく多いから、楽しみどころがいっぱいある。

ミュージカル『アルジャーノンに花束を』が上演中。浦井健治、良知真次らコメントをUP

潔いというか、本当にその場に役として生きて存在している、全身に憑依させることができるかなり稀有な存在だと自分は思っていて。 ただ、バーンスタイン作曲のメロディがとても美しいので、そこに乗ることができれば勝ちかなと。

17
でも、若さゆえに突き進んでしまった、そんな悲劇、人々の群像劇として、『ロミオとジュリエット』をベースにしたこの物語を、歌と芝居とダンスで紡いでいけたらいいなと思います。