ウェディング プランナー 大学。 専門学校と大学のどっちが良いでしょう?(ウェディングプランナー...

ウェディングプランナーのお仕事が「国家資格」となりました。その名も「ブライダルコーディネート技能検定」

しかし、専門学校に入学すると「実践に即した知識を習得し、現場で役立つ適正な資格を取得できる」ため、より条件の良いスタートを切ることが期待できます。

17
人気企業の場合は高学歴の学生も多く受験するので、学歴がひとつの武器になることは否めません。 ひと通り学べるカリキュラム 「ウエディングプランナーの仕事ってどんなことをするの?」という基礎的な事から、接客やクロージングといった実践的なことまで、スクールであってもひと通り学ぶことができます。

ウェディングプランナーになるためには大学と専門学校どちらが良いか

介添え役は、新婦のそばでつねにいろいろ気を配る重要な仕事なので、ベテランのスタッフが務めます。 企画力やセンスがあればベターですが、まずは最高の結婚式を作り上げたいという気持ちを新郎新婦と共有することも大切です。 ウェディングプランナーの職業に絞った統計ではないので正確な数字は測りかねますが、月々25万円の給料が支給されれば、 賞与も含めて年収は約346万円になるのが一般的と考えられます。

「ホテル・ブライダルコース」などの名称でホテルやブライダル関連の仕事の専門教育を行っていたり、「ツーリズムやインターナショナルコミュニケーション、国際 部」などでブライダル関連の授業を行っていたりする場合があります。 あるいは経験や実績を積む中で責任あるポジションを任されたり、フリーランスとして独立する道が開ければ、高年収につながるかもしれません。

ウエディングプランナーになるための学校の種類(大学学部・専門学校・スクール)

「ウエディングプランナーになるには」のまとめ ウエディングプランナーになるには、特別な資格や学歴はとくにありません。

16
1を獲得もしています。

ウエディングプランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ただ、人気のお仕事となっているので、知識や技術を学ぶために学校に通ったほうが就職に有利となります。 ブライダルコーディネーターに必要な能力は、以下のように定義する。

別の業務からウェディングプランナーへとスキルアップした人も多いです。 経験年数を積み、長く勤めるほど給料はアップすると考えていいでしょう。

ウエディングプランナーになる5つの方法|ウエディングプランナー ウエディングの仕事

ブライダル会社が主催の養成スクールも 養成スクールは資格取得を目指す教育機関以外に、ホテルやブライダル会社が主催していることもあります ゆくゆくは海外のウェディング事業に関わりたいと考えている場合は、海外の養成スクールも視野に入れてみるといいでしょう。

短期間で効率よく学習できるのは忙しい社会人、学生の方にとっては非常に助かります。

結婚式場スタッフ(ウェディングプランナー):キャリタス進学

ビジネスマナーや礼儀が備わっている人 ウエディングプランナーになるための大前提として、しっかりとビジネスマナーや礼儀ができることがあげられます。

17
ここで活躍 「予約係」は、式場の予約を受け付けて、日時・出席者数・衣装・披露宴の料理などを顧客の希望を聞きながら決めていきます。

大学中退の高卒でもウェディングプランナーになれた話をしよう│Baibley Recruit

ブライダル企業の求人も、学校や養成スクールなどに出されることが多いからです。 ・お客様の結婚式・披露宴を円滑に運営する「オペレーション能力」。 大学や専門学校でウェディングを学ぶということは 必要ないと思います。

会場選びから挙式当日までトータルに担当します。 ウェディングプランナーって言っても、 冠婚葬祭業がハリボテの教会建てて、 専門学校卒の女の子を安い賃金で雇い、 ウェディングプランナーの名刺を持たせてる ようなところに行っても仕方ないですよ。

ウエディングプランナーになるには?おすすめの大学や資格、給料や仕事内容を徹底解説

有名でもガサツな大学はだめ。 大学・短大を選ぶ際は、ブライダルに関する授業がある学部・学科かどうかということと、授業内容や資格取得サポートまで充実しているかをチェックするほうがいいでしょう。 これら学科に入ることで、プランナーに関する知識や技術を必ず学べるということではないため、入学を希望されている方は、事前に情報をしっかりと調べる必要があります。

19
ただし、取得していると歓迎される資格は存在します。 一見ブライダルと関係なさそうに見える学部や学科でも学べる可能性がないか、じっくり授業内容を確認してみてください。