杉田 尚。 杉田尚とは

ジャンプの読み切り斬の杉田尚さんが読み切り載せましたね画力もかなり上がっ...

『』 2006年、全2巻• 決して、わざと反対意見を言っている訳ではありません。 2008年には「赤マルジャンプ」にて読切マンガ「」を掲載。

SWOT(週刊少年ジャンプ 2009年52号掲載)• 漫画家として金貰っちゃいけないレベルの初期ですらかなりのレベルだったバトルシーンの迫力。

杉田尚 (すぎたなおや)とは【ピクシブ百科事典】

ムッツリ神拳(少年ジャンプ+ 2015年12月30日). あと、蛇足ですが、あの絵で和系、アジアン系は、見たくないですね。 ムッツリ真拳( 2016年12月9日 - 2017年6月2日) 全3巻 読切、他 [編集 ]• もしくは、スポーツ系の読切も読んでみたいです。 女の子が可愛い(SWOT以降) など、作品に魅力が多く、一部でカルト的な人気を誇る。

3
登場人物 学崎一派• 2004年12月期十二傑新人漫画賞:十二傑賞 「斬」 作品一覧 [編集 ] 連載 [編集 ]• 読切版『斬』 2005年、『SWOT』1巻巻末に収録• 2004年3月期十二傑新人漫画賞:最終候補まで後一歩• 2016年から2017年にかけては、WEBサイトにて スケベアクション漫画「」を連載。

杉田尚

なんで、画力より設定をいうかというと、画力なんて連載を勝ち取ったら、後からついてくると思います。 受賞経歴 [編集 ]• 2001年11月期天下一漫画賞:最終候補まで後一歩• ムッツリ真拳( 2016年12月9日 - 2017年6月2日) 全3巻 読切、他 [ ]• ポヨヨン仙人マルコ(最強ジャンプ 2011夏号) - られっ子を主人公にした読切作品。 2003年10月期:最終候補「-青-」• 前作から 大幅に上達した画力と、 全然変わらなかったなノリに、多くの読者が爆笑し、時にはホロリとさせられた。

『』 2003年、詳細不明• 今や という稀有な存在となっている。 ひょんなことから蓮野に一目惚れしてしまい、彼女を守るために「コウモリ」に戦いを挑んだことから、彼のなんちゃって不良ライフは始まる。

杉田尚とは

『』 2014-2015年、全2巻• 2001年11月期天下一漫画賞:最終候補まで後一歩• (「鍵人」「保健室の死神」の作者の方がインターバルが短かった。

20
その1。 見た目はただのっ子だが、名実ともに日本最強の不良少年。

SWOT (すうぉっと)とは【ピクシブ百科事典】

2003年10月期:最終候補「-青-」• 一部では盛り上がったものの、あえなくを食らってしまった。 『』 2003年、単行本未収録• また、伏線を丸投げで終了してしまった部分も多いため、には向いている作品でもある。

4
(週刊少年ジャンプ 2010年31号 - 51号) 全3巻• 今でもイラストを投稿する者は多い。 。

杉田尚とは

( 2006年34号 - 52号) 全2巻• (原作:、原案:、2014年2月号 - 2015年5月号) 全2巻• 「」だの「の先祖」だのといったありがたくない称号を得る。 が、そこに更に、前作と同じような学園モノというのが加わったことも、画力があがってないと思ってしまった要因があるかもしれません。 2011年には「」にて読切「」を寄稿。

17
そして、なんと2014年より同誌にて タイアップ漫画「」を連載。

杉田尚 (すぎたなおや)とは【ピクシブ百科事典】

作品一覧 太字は連載• イラスト寄稿()• 世間一般では「気」と呼ばれたりする。 後戻りができなくなった学崎は、仲間のために助留沌高校の不良を全員討伐して平和な学園を作ることを誓うのだった。 復帰には、かなり時間がかかったと思います。

5
ムッツリ神拳(少年ジャンプ+ 2015年12月30日). 読切版には髪は真っ白だったが、に似ていたせいか、連載時にはドになった。

杉田尚 (すぎたなおや)とは【ピクシブ百科事典】

学崎強(まなびさき きょう)。 破天荒(週刊少年ジャンプ 2006年1号掲載)• 『』 2008年、『SWOT』2巻巻末に収録• 破天荒(週刊少年ジャンプ 2006年1号掲載)• ロックすぎるセリフ回しやネーミングセンス。

16
概要 あの伝説の漫画 『』の作者、すぎたんことが2010年にに掲載した不良漫画。

杉田尚 (すぎたなおや)とは【ピクシブ百科事典】

しかし、校長のサギまがいの入学手続きにより、全国でも1,2を争う不良のエリートたちの集うバカ学校・助留沌高校に入学してしまう! 激怒して校長をとっちめようとする学崎だったが、助留沌高校に通う美少女・蓮野ねねに一目惚れし、彼女を守るために不良チーム「コウモリ」に戦いを挑み、勝ってしまう。

9
前向きな意見も言わせてもらえば、学園モノではなく、ファンタジー系やSF系の方面で、違った作品を読んでみたいと思います。