塩川 悠子。 塩川悠子&アンドラーシュ・シフ、久々の共演録音!バッハ、ブゾーニ、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ集

「塩川悠子」のニュース一覧: 日本経済新聞

で育つ。 1961年に、ミュンヘンにてウィルヘルム・シュトロス教授のもとでのさらなる研鑽を終えたあと、1968年からシャンドール・ヴェーグ教授に師事。 1901年に出版されたブゾーニのソナタ第2番はバッハ、ベートーヴェン双方からの恩恵を受けています。

7
ジャンルでさがす• 19歳の時にメンデルスゾーン賞を受賞、またドイツ音楽院コンクールで1等賞を獲得する。 1958年にペルーのリマに渡り、そこでオイゲン・クレメールに師事するとともに、いくつかのコンサートに出演して演奏家活動の基盤を固める。

塩川悠子

We have moved to a more secure user registration system. アメリカではニューヨーク・フィルハーモニー、ボストン交響楽団、ピッツバーグ交響楽団らと競演している。

19
『岡倉天心--驚異的な光に満ちた空虚』小沢書店 1987• 2s;-moz-transition:border-bottom-color. 思い出の多いコンサートはいっぱいありますが、エリザベート・シュワルツコップに終演後ステージ下から花束を差し上げられたこと、20歳を少し出たばかりのマリア・ジョアン・ピリスを塩川悠子さんとのデュオで聴いたこと、ハンス・ホッターとヘルマン・プライが歌う「冬の旅」を聴きくらべたこと、初来日のマルタ・アルゲリッチのショパンを聴き、ベートーヴェン後期のソナタをスビャトスラフ・リヒテルのピアノで聴いた時などは涙が浮かぶほどの宝物のようなコンサートでした。

交響曲第7番、ヴァイオリン協奏曲 クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団、塩川悠子(1978,79) : ドヴォルザーク(1841

海外マガジン• アメリカでそういうことをするのは難しいかも知れません」 ピアニストとしての多忙な活躍に加えて、盟友〈カペラ・アンドレア・バルカ〉との活動。 彼女はモーツァルトの音にあくまでも自己を奉仕させている。 。

nui-icon--ise-rc-dow-organization,. 指揮をすることで、ピアノ演奏の深さも変わっていますしね。 『-』 〈〉 2004• 『:・』指揮、 キングインターナショナル 2004年. トークを中心に、この日だけの特別な演奏も予定している。

塩川悠子はどんなバイオリストですか。

4610802:R 塩川悠子とアンドラーシュ・シフは洞察力のある、そして楽しいヴァイオリンとピアノのためのソナタのプログラムをこのアルバムで実現しています。

1963年、指揮、指揮と共演し、以来ヨーロッパ、アメリカ、日本、イスラエルの主要オーケストラと共演している。

塩川悠子/J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全集

一方で、世界中で続けてきたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏は『もう疲れて出来ない。

17
バッハのソナタ第3番ホ長調で始まり、最後がベートーヴェンのソナタ第10番ト長調、その真ん中にブゾーニのソナタ第2番ホ短調が挟まれています。 『新潮』1972年6月号には、「パリでの死を聞く」を掲載し、()で修士号を取得して74年6月、帰国。

KAJIMOTO

彼のようにそれぞれ別のクァルテットなどでも活躍している人たちが、予定を合わせて〈カペラ・アンドレア・バルカ〉に集まってくれていますから、こちらでも木管五重奏曲やシューベルトの《ます》といった室内楽曲とピアノ協奏曲を組み合わせたコンサートもできます。 そのネーミングはアンドラーシュ・シフの名前をイタリア風にもじった由(シフはドイツ語で「舟 」、イタリア語なら「バルカ」だ )、シフと親密なる仲間たちの船旅は、20年を越えて円熟を深めている。

1957年、家族でペルーに移住し、Eugen Cremer に師事し、リマ交響楽団と共演してコンサート活動を始めた。