プルダウン リスト 連動。 エクセルVLOOKUP関数でリストから項目を選択して自動入力させる方法!

Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

置換の関数や削除の関数をパターン別に例示し. Excelのプルダウンリストを使う局面 今回は、プルダウンリストを連動させることによって選択肢を絞るということについて詳しく紹介してきましたが、今回紹介したやり方というのは一部分となっています。 次に、日付を選択する、プルダウンメニューを作成します。

中分類にAラインが2つあるからだね! 第1工場にも第2工場にも「Aライン」が存在するため、Aラインを名前にしてもINDIRECT関数がセル参照範囲を正しく判断ができません。

エクセルでドロップダウンリストを複数連動させ、1つ目を変えた時2つ目

1.A2を選択して、「データの入力規則 V 」をクリックしましょう。

19
行数が正の場合、右方向へシフトし、負の場合左方向へシフトします。

EXCEL仕事術 プルダウンリストを選択して次の入力を自動連携する方法

コードの説明です。 本来なら、した直後は、その名前がこのボックスに表示されます。 ところが、完成後に選択肢のデータが増えたり減ったりする可能性が ある場合の操作をしている方は、テーブル化しているところにかぶせて名前を定義したので、その名前が消えて、その範囲のテーブル名が表示されてしまいます。

18
元の値の欄に、プルダウンの元になる項目を入力。

エクセルでドロップダウンリストを複数連動させ、1つ目を変えた時2つ目

INDIRECT関数というのは、表示されているデータを文字列として認識するという関数になっていて、プルダウンリストや他の関数などによってセルの内容が異なる場合でも、表示されたセルの文字列を認識することが出来るようになります。 部署、そこに所属する人を入力したい場合、まずは元となる項目をエクセルに作成します。

7
「MATCH プルダウン表示セル,大項目の範囲,0 ,1」の記述が該当します。 続いて、G3セルとH3セルを名前の定義で「第2工場」。

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

まずはプルダウンリストを適用させたいセルを選択します。 1[データの入力規則]ダイアログボックスを表示する 2つめのドロップダウンリストを作成したいセルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]ボタンをクリックします。

17
[ホーム]タブ、 [スタイル]グループの[テーブルとして書式設定]をクリックします。 AlertStyleは入力規則から外れた値を許容するか否かでアラートの種類を決めてください。

EXCEL仕事術 プルダウンリストを選択して次の入力を自動連携する方法

表を作成する たとえば、こういう感じの表を作成するとします。

15
2010 プルダウンリストにもうひと工夫すると、作業効率がアップする プルダウンリストの選択肢によってセルの色を変えることができれば、急いで対応が必要な項目などが一目で分かりやすく、重要事項の見落としを防ぐことができます。

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

プルダウンを作成したいセルをアクティブにし、「データ」から「データの入力規則」をクリック。

9
[OK]ボタンをクリックし閉じます。 スポンサーリンク. そしてこのように、プルダウンリストに表示させたい項目を新しいシートに入力します。

【Excel VBA入門】ドロップダウンリストの作り方。複数リストの連動方法も解説

【 エクセル時短】第125回では、こうした 連動するドロップダウンリストを作成してみましょう。 プルダウンリストの設定をコピー これでプルダウンリストの連動が完成しました。

OFFSET関数に、範囲に含まれる空白でないセルを指定するCOUNTA関数を組み合わせることで、 項目が増えた時にプルダウンメニューに自動で追加する設定が可能です。 Delete」でH4のリストを一旦削除します。