マルテン サイト 系 ステンレス。 マルテンサイト系

マルテンサイト

最も一般的なステンレス鋼のオーステナイト系は非磁性であり、マルテンサイト系とオーステナイト系の相違点の一つである。 マルテンサイト系のは、一般のと同じくである。

このニッケル含有量の少なさのためマルテンサイト系の材料コストはオーステナイト系と比較して低く抑えられ、これもマルテンサイト系利用上の長所の一つでもある。

マルテンサイト系ステンレス鋼とは

最初はによって作製したが炭素の含有量が多くなってしまうため、次いでによる作製が試みられた。 フェライト 鉄 Fe に最大0. 焼入れ温度での保持時間は、大抵の場合で30分程度あれば十分とされる。

12
とは、定義的にはを 1. 特に高い硬さで使用する高硬さのマルテンサイト系ステンレスでは、残留オーステナイトが増えることで、焼入れ加熱温度をあげても硬さが出にくくなります。

焼入れするステンレスのウンチク マルテンサイト系ステンレス鋼

さらに耐食性も優れ、低温、高温における性質も優秀です。

20
焼き入れによる硬化はしません。

マルテンサイト系ステンレス鋼

残留オーステナイトが存在するため、またはを焼入れ後すぐに行うのが望ましい。

問い合わせ:新潟県工業技術総合研究所 中越技術支援センター 斎藤 雄治 TEL:0258-46-3700 FAX:0258-46-6900. この硬質とはマルテンサイトの硬さに由来している。

マルテンサイト系ステンレス鋼SUS420J2の旧オーステナイト結晶粒界への炭化物の析出について

フェライトはオーステナイトと比べ少量の炭素しか固溶できないため、変態する際には結晶中から炭素を移動させなければならず、移動のためのが伴わなければならない(拡散変態)。 その他には、例えば、SUS440Cで58HR以上の硬さがでない・・・などという問題も聞くことがあるのですが、これは、テストピースと実際の熱処理とは違うということから説明しなくてはなりません。

2
5Ni-2Mo 二相組織(オーステナイト・フェライト) を持つステンレスで 耐酸性耐孔食性に優れ、 高い強度を持ちます。 それらの試料の内、5種類の組成は、現在マルテンサイト系およびフェライト系に分類されるクロム系ステンレス鋼と共通するものであった。

ステンレスってなに? SUSの意味|工業用品のコンビニエンス 株式会社浦和商工 TOPPAGE

ステンレス鋼の耐食性は、一般的にはクロム量が多いほどしやすくなり耐食性は向上する。 これは、焼戻しの組織変化などの過程を知るとわかってくるのですが、(ここでは説明しません)上図の傾向は、どのような焼入れする鋼種も同じ傾向になっています。 ご了承下さい。

10
07C 広い温度範囲の焼入れで最高硬さHRC35を得ることができる鋼種。

種類

河口0kmの先にまだ川が続いている様子などを紹介しています。 がとても良好なのがマルテンサイト系の特徴であり、断面積の大きな部品であっても空冷でことができる。

5
オーステナイト領域まで加熱後、高温状態で保持して炭化物を固溶させる。 溶接などで熱を加えるとオーステナイトでなくなってしまうこともあります。