大阪 都 構想 出口 調査。 「大阪都構想」住民投票 出口調査の結果は

【大阪都構想】出口調査 公明支持層賛否割れる 無党派層は賛成伸びず

NHKは、有権者の投票行動や政治意識を探るため、1日、大阪市内の40か所の投票所で投票を終えた有権者、5289人を対象に出口調査を行い、63. ただし、電子投票とか、ネット投票とか、ほとんど人の手も目もかからないブラックボックスな投票システムを許してしまうと、大規模不正もありうると警戒すべきだとは思うよ。 自民党が何年もの間不正選挙を疑われる状況で政権与党の座に いることを、これも我々は知っている。 当日有権者数は220万5730人で、投票率は62・35%(前回66・83%)だった。

長年対立し、非効率で「不幸せ(府市合わせ)」な税金の使い方をしてきた府と市を一体化すれば、意思決定は早くなるし、10年で1兆1000億円の歳出削減効果があると訴えています。 賛否が拮抗していた投票前の世論調査で、大阪都構想に反対する最大の理由は「大阪市がなくなるから」だった。

大阪都構想 公明支持層で賛否伯仲 無党派層は6割「反対」 出口調査

性別では、男性は賛成54%、反対46%だったのに対し、女性は賛成48%、反対52%だった。

16
nui-icon--iserc-angle-double-right,. だけど国政選挙では大阪でも自民党が主導権を持って使える仕組みなんだろうに・・相変わらず「不正選挙」の仕組みもよく判りません。

「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

一方女性は40%台半ばの人が賛成に、50%台半ばの人が反対に投票したと答えています。 自民党に関しては、自民党内で賛否が割れている中で、支持者はやや反対の方が多い状況です。

5s linear infinite;animation:spin 1. 15年の住民投票に続く2度目の否決で、維新代表の松井一郎大阪市長は23年4月の市長任期満了での政界引退を表明した。

大阪都構想、出口調査では賛否拮抗 住民投票終了: 日本経済新聞

それらを1つに集約することが市民生活の向上につながるかどうかも疑問なのだが、実際にはこの数年で施設の統合や移管が進んで、多方面で二重行政は解消されつつある。 教育や福祉など身近な住民サービスを担い、成長戦略やインフラ整備などの広域行政は府に一元化する内容だった。

nui-icon--icon-paperviewer-tool-sub,. 現在、東京都にのみ置かれている。 【津久井達】 65. 一方、反対が賛成を上回るか同数ならば、大阪市が存続することになります。

大阪都構想 公明支持層で賛否伯仲 無党派層は6割「反対」 出口調査

終盤は感染防止策で控えてきた屋内の集会も解禁した。 nui-icon--icon-paperviewer-first,. 都構想に反対する自民党の支持者は57・3%が反対したものの、42・7%が賛成とした。

2
「知事を支持」75.5%…そのうち25.9%は「都構想反対」 MBSなどが9月4日~6日にかけて電話による世論調査を実施(大阪市民1061人から回答)。 大阪市外からすれば、同市独自の施策は府全体の発展とのバランスから見て、必ずしも最適ではない。

【大阪都構想】出口調査 公明支持層賛否割れる 無党派層は賛成伸びず

2度目の敗北を受けて、維新代表の松井一郎大阪市長は任期満了後の政界引退を表明、吉村府知事は「自分が再挑戦することはない」と明言した。 ただし、似た構想は、太田房江府知事、磯村隆文市長時代の00年代前半にもあった。 今回の住民投票の結果は、投票率にかかわらず法的拘束力を持ち、賛成が反対を上回れば、いまの大阪市の廃止と特別区の設置が決まります。

3
これだけ大きな戦いを2度挑んだ。

「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

だって、結果的にはたった一万数千票の差だったんですよね。 (松井一郎市長) 「安心できる数字では全くないと思います。

5
(大阪市選挙管理委員会 大丸昭典委員長) 「元々大阪市が廃止されるわけですから、むしろ前回なんで入ってないのかなと思うくらい。

【LIVE 開票速報】大阪都構想住民投票 NHK出口調査、賛否拮抗 ★23 [ばーど★]│エンがちょブログ

nui-icon--ise-rc-dow-aircraft,. まして十数票差での当落なら、べつに珍しくもない現象ですよね。 10月18日には大阪維新の会の求めに応じて、山口那津男代表が大阪に入り、松井市長、吉村洋文府知事と街頭に立ちました。 「支持政党なし」の無党派層は賛成が伸びなかった。

今回の住民投票の結果は、投票率にかかわらず法的拘束力を持ち、賛成が反対を上回れば、いまの大阪市の廃止と特別区の設置が決まります。