窓 拭き 重曹。 網戸の掃除は家にあるもので簡単キレイ!重曹・新聞紙・スポンジで手軽に掃除する方法

窓ガラス掃除の簡単なやり方とは?重曹VSセスキ炭酸ソーダ

でもお掃除の時の拭き跡が残って思うほどキレイにならないことがあります。 フロアワイパー ウェットシート 網戸に付いた汚れを落す 網戸に付着した砂埃やホコリなどをドライシートを付けたフロアワイパーで絡めとっていきます。 水拭き用のぞうきんは、 できるだけ固くギュッと絞って 水気を含みすぎないようにしましょう。

<用意するもの> ・市販のエタノール ・中性洗剤 ・キッチンペーパー ・清潔なタオル(不潔なタオルの場合、タオルの汚れがきっかけでカビが増殖する可能性がある) 【手順】 エタノールをキッチンペーパーにしっかりと吹きかけ、汚れているサッシを拭きましょう。

窓ガラスの掃除で白く残る拭き跡の解決策を教えます!

気になるのはスクイージーの選び方。 重曹をマスターしたら、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウムと、汚れの種類に合わせたナチュラルおそうじ方法をレクチャー。

1
事前に水を撒いてみて、水漏れなどをおこしていないかチェックすると安心です。

窓掃除には重曹とクエン酸があればOK!使い方を間違えるとただれるよ

実は新聞紙のインクには窓ガラスにツヤを出す効果と曇り止めの効果があるのでおすすめです。 少しでも手荒れをしない洗剤があればいいのにと思うかもしれません。 また、安心だと思ってずっと使い続けていると、結露吸水シートにカビが発生してしまう、というデメリットもあるので、常に買い替える必要があるでしょう。

掃除機(すきまノズルが便利)• 網戸や雨戸もオプションで対応! 【しっかりお掃除編】意外と簡単! スクイージーを使う方法 アルカリ電解水で汚れ落とし 水拭きのタオルを準備するところまでは【入門編】と同じです。 頑固なサッシの汚れもピカピカになります。

重曹水で窓ガラス拭き

気付いたときにさっとスプレーして拭き取るだけなので、普段の掃除がとても楽になりますよ! カビにペーストを薄く塗り、ラップをして1~2時間おきます。 新聞紙 防水仕様ではないベランダの家庭や、水をあまり使えない場所の掃除は新聞紙が効果的です。 クエン酸にはカビ菌や雑菌を除菌する効果もあるため、黒カビ予防にもなります。

19
乾拭きする ただし、網戸の掃除を行なってから拭き掃除しましょう。 オキシ液と同様、雑巾を絞り、サッシブラシでこすります• 跡を残さないポイントは「空拭き」です! 乾いた新聞紙や乾いた雑巾で最後に空拭きすることで、跡を残すことなくピカピカに仕上げることができます。

1番ラクな窓掃除のやり方!窓拭きからゴム、サッシの汚れまで簡単にキレイにする方法

汚れが多少浮いている状態になるので掃除しやすいでしょう。

18
乾いたぞうきんを折りたたみ、 端でなく輪になったほうを 半分くらい水で軽く濡らしたら、 ぎゅうっと絞りましょう。 それと、サッシブラシ。

1番ラクな窓掃除のやり方!窓拭きからゴム、サッシの汚れまで簡単にキレイにする方法

愛煙家がいるご家庭では、タバコのヤニが蓄積し、長時間放置するとガラスが変色することもあります。 重曹の使い方と同じですが、汚れ落としの力が 重曹の10倍といわれています。 掃除機 〇掃除の仕方• 窓ガラスを掃除する際に気をつけること 窓ガラスの掃除を適切に行うためにはいくつかの注意点があります。

3
実は窓ガラスの掃除は、ちょっとしたポイントを抑えるだけでピカピカに仕上がります。 雑巾 〇掃除の仕方• 網戸は先ほど紹介したストッキングやスポンジなどで上下に拭くだけでかなり汚れが落ちるので使用してみるとよいでしょう。

窓ガラスの掃除で白く残る拭き跡の解決策を教えます!

窓掃除のやり方はいくつか方法ありますが、ここでは1番ラクな窓掃除のやり方を紹介していきます。 そこで、 から、ふだんのおそうじに大活躍の「重曹水」の作り方や使い方、ナチュラルクリーニングが効果的なおそうじ場所をご紹介します! 重曹・重曹水とは? 重曹とは、別名「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ソーダ」とも呼ばれ、英語では「ベーキングソーダ」と言います。 大掃除で窓ガラスを掃除するときは、道具をそろえて準備万端で始めましょう。

9
オキシが残っているとこの時よくわかりますので、残っている場合は、再度しっかり水拭きします サッシの掃除方法(オキシ使用)• 塗り広げた汚れが乾けば、当然汚れが固まり拭き跡が残ってしまいます。

窓ガラスの掃除で白く残る拭き跡の解決策を教えます!

重曹の油を落とす力でキレイにしましょう。 そこに、 水200ml程度とクエン酸を小さじ1杯入れるだけで クエン酸スプレーの完成です。 室内であれば手垢などの汚れが主なので、簡単に掃除ができます。

9
洗剤を使うのは抵抗がありますが、そんなときこそ重曹を使うのがおすすめ。