禍 を 転じ て 福 と 為す。 コロナ禍?コロナ渦?間違えやすく迷いやすい漢字 [手紙の書き方・文例] All About

禍福は糾える縄の如し

「災い転じて福となす」ということわざは中国から来た言葉です。 例えば、転勤で通勤時間が倍かかるようになったが、その時間を活用して本を読んだり学習したりすることで自分の知識を向上させるよう努力した場合です。

4
「楽あれば苦あり」は「良いことも悪いこともある」 「楽あれば苦あり」とは、「楽しいことがあれば苦しいこともある」という意味のことわざ。

「災い転じて福となす」とは?意味や使い方を解説!

「コロナ禍」のように、災厄や災いなどの場合には「禍」が用いられます。 自分の身にふりかかった災難や失敗を上手く利用して、逆に自分の有利になるよう工夫すること (「デジタル大辞泉」「故事ことわざ辞典」より) という意味をもちます。 もちろん、そのプロセスはとてつもない嵐の中での経営だったに違いありません。

つまり、「人間万事塞翁が馬」とは、「人生何が不幸か幸せかわからないものだよ」という意味で使われます。

「災い転じて福となす」とは?意味や使い方を解説!

そもそも聖天様を正しく信仰しておれば、禍など起こるはずもなく、仮に起こったとしても、それは福に転じる為の禍であること、疑う余地もないことに御座います。 この言葉は、元々は四字熟語の「転禍為福」から来ています。 「災い転じて福となす」の災難が幸運になるよう努力するという意味に対し、「怪我の功名」は失敗や災難が思いのほか良い結果を生むというニュアンスです。

4

禍福は糾える縄の如し

また、『史記』には「臣 しん 聞く、古の善く事を制する者は、 禍を転じて福と為し、敗に因りて功を為す」という文があります。 辛いことが起こってしまうと二度と幸せなことが起こらないような気になってしまい、何日も何日もくよくよ落ち込んでしまうということもあるかもしれません。 「禍を転じて福と為す」の対義語• なぜ「災い」ではなく「禍」を使っているか気になる人もいるかと思いますが、これは由来となった「戦国策」の使い方をそのまま使っているためであり、意図的に「災い」と書くのを避けているわけではありません。

18
しかし、もしも今まで休みもないほど一生懸命働いてきたならば、入院中はゆっくり休むことができますよね。 その時の台詞の一つが「転禍為福」で、現代語訳すると「臣聞く、古の善く事を制する者は、禍を転じて福と為し、敗に因りて功を為す」となります。

「禍を転じて福となす人」の生き方の共通点3

一般的な禍は福に転じることなく禍は禍として終えますが、聖天様を信仰しておれば、禍を転じて福と為すことが多いのです。 このことわざは有名なので、知っている人も多いでしょうが、背景に次のような物語があります。 【語源・由来】 前漢時代の「戦国策」(せんごくさく)の「聖人の事を制するや、 禍を転じて福と為し(かをてんじてふくとなし)、敗に因りて功を為す」と、「史記」蘇秦列伝(そうさいれつでん)の「臣聞く、古の善く事を制する者は、 禍を転じて福と為し、敗に因りて功を為す」からきています。

そのためになら、僕も全力で伴走します。

「災い転じて福となす」の意味は?関連する四字熟語や類語も解説

しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

19
結婚式でのスピーチでも良く使われるフレーズです。 中国である日塞翁の馬が逃げていってしまったところ、後日、その馬が俊馬を連れて帰ってきました。

禍を転じて福と為す聖天信仰と注意点

「転禍為福」は「てんかいふく」と読み、マイナスなものをプラスにするという意味。

6
災い転じて福となすとはこういうことだね。 だからこういう危機を活用して我が社は飛躍したい」 結果、3年後の業績は事業転換を果たし過去最高益になりました。

「災い転じて福となす」の類語・ことわざ・四字熟語・例文

このことわざは、そのままで意味がわかりますが、「人生良い事ばかりでも、悪いことばかりでもないですよ」という格言となっています。 もちろん、元の土地に友達関係を置いてきてしまうわけですからそれが嫌だ、という人もいるかもしれませんが、少なからず引っ越し先で新しい友達ができ、新しい環境に出会えるわけです。

7
禍禍しい まがまがしい とは、何か良くないことが起こりそうな不吉な感じ、縁起が悪いようなことを表します。