氏家 守 棟。 小笠原系図

氏家光氏

最上氏の家臣。 「慶長六年閏月(この年は十一月)二十八日」とあるから、出羽合戦で勝利を収めた記念でもあろうか。

15
同年,當今川義元在「桶狹間之戰」遭到織田信長突襲而死的消息傳開來之後,今川軍因指揮官敗亡而四散逃亡時,只有元信的孤軍繼續死守鳴海城而沒有撤退,並再三擊退氣焰高漲而來犯的織田軍。 室町時代~江戸時代以降 [ ] 美濃氏家氏は美濃守護のやその守護代のと結びつくことによって、大垣の地の周辺にその勢力を広げた。

最上家をめぐる人々♯18 【氏家伊予守定直・尾張守守棟/うじいえいよのかみさだなお・おわりのかみもりむね】 :戦国観光やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

天童氏や白鳥氏の討伐などで数多くの献策したという。 においては、上洛中の義光に代わりの留守居を務め、仙北の領有と関連して、義光と現場の・の連絡を務める。

7
光氏も守棟と同じく尾張守を称した為に、混同された資料もあり、晩年の業績は定かで無い部分も多い。

氏家光氏

之後信康被移至遠江的堀江城、二俁城,在9月15日被家康命令切腹,年21歲。 天文十六年(1547年),在府中長尾家家中長尾晴景與長尾景虎(上杉謙信)之間爆發鬥爭,政景靠近晴景一方。 信康自小就勇猛果敢,在天正元年(1573年)完成初陣。

7
このとき、病床の氏家定直はこう言って、主君義守をいさめた。

氏家守棟|最上氏の重臣。知略に長けた将で義光を多方面から支える|戦国時代録

弘治二年(1556年),謙信突然捨棄家督並出家,經政景說服後放棄出家並復歸。 ・の尽により、が隠居してが名実共にのとなると、長として仕え、童頼貞や満兼、長久らとの戦いにおいて、様々な計略を進言し、より厚い信任を受け、後にの重臣となる秀綱やの・の引き抜きに尽し、大好きなの元へと寝返らせる事に成功する等、にて に君々たれば、臣々たりとかや、時の尾守、元来忠ありて義あり と最重要臣であると高い評価を受ける活躍をした。

6
琵琶の名手。 また、『山形の歴史』『山形市史』では氏家守棟を成沢道忠の子としているが、近年の研究 注1・注2 、では守棟の嫡子が成沢家より入嗣したとしている。

氏家守棟

概要 の長を務めたの子に生まれ、より「守」の字を拝領し、氏家守棟と名のった。 信長遭遇這個意外的抵抗,便派使與元信交涉,元信表示除非信長將義元的首級歸還,否則寧願戰死也絕不棄城退卻,信長有感於其義心,加上義元的首級已無利用價值,便命人將義元首級置入棺木中,由元信一路守護棺木返回駿河。 孫 玄上(はるうら・はるかみ・げんじょう)【856-933】 参議。

8
. 德川家康於戰後特地將元信的首級送至安土城給織田信長檢視。 なお、下野国にとどまった氏家氏の一族は南北朝時代に断絶したとされている。

氏家守棟とは (ウジイエモリムネとは) [単語記事]

翌年5月小野寺義道率6000兵進攻最上領,最上義光親率一萬最上軍迎擊,兩軍在有屋卡遭遇,最上軍被小野寺軍伏擊折損了數千兵士。

陸奥氏家氏は代々大崎氏の宿老として家中に重きをなし、を領した が、になると大崎氏にしばしば反抗的な姿勢をとるようになる。

氏家守棟

『百人一首』にも歌が収められる。

6
最上のお家は義光様に任せるのが一番です。

氏家守棟

主君・最上義守から偏諱を受け守棟を名乗った。 だからこそ、その病床からの意見には、剛毅な義守も従わざるを得なかったのであろう。

2
楯満茂• 岡部元信 Okabe Motonobu(生年不詳-1581年) 岡部久綱之子、母不詳;通稱五郎兵衛,別名長教、元綱、真幸。 光孝天皇の擁立に際しては、藤原基経に同調した。

氏家守棟

若い山形の主を、定直は懸命に支え続けてきたのである。

6
母:不詳• なお、行広の弟のの子孫が関ヶ原の戦い後にに仕え、を迎えた。 〈続〉 注29 『山形県史 古代中世史料1』 田川八幡神社文書 四月三日付武藤義氏書状 注30 『山形県史 古代中世史料1』 秋田藩家蔵文書 七月十二日付武藤義氏書状 注31 『山形県史 古代中世史料1』 湊文書 霜月廿五日付最上義光書状. 關於切腹的原由有諸多說法,包括父子不和、家中派系鬥爭、與家臣團對立等。