種苗 法 改正 2020。 種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

「種苗法改正案」は種の海外流出を防ぐのか 東大・鈴木教授の徹底解説

また食べ物の栽培や歴史から流通、持続可能な観光まで幅広く取り上げ、持続可能な食と農のイメージをお伝えしていきます。 「種苗法改悪反対」は、「日本の農家を守れ」「農業を守れ」というスローガンとセットで叫ばれる。 --登録品種は少ないから大丈夫といっても、この地域では登録品種ばかり、ということが起きるのですね。

18
むしろ、今後も国内での品種開発がしっかり進められるように、新品種の権利を守る制度の整備が必要です。 改正が影響するとしたら、それは主に自家増殖の部分になることは間違いない。

種苗法が改正された20年後の未来 ~農家は高い種苗を買うことになるのか?~

農家数でみると、購入の種への依存度が高いとされる野菜でも中小経営中心に種取りしている農家は非常に多い。 強い霜が何度か降り、草が枯れ、草葉の陰に隠れるようにして実っていたカボチャたちが発見される季節になったのでした。

種苗法及び種苗法改正法案は、新しい品種を開発し、農林水産省に登録した新品種を知的財産として保護する法律であり、遺伝子組換え作物の品種の利用を促進することはありません。 登録品種を調べるときはこちらをご覧下さい。

種苗法改正の何が問題なのか 種苗法って何? 種子の知的財産権と農民の種子への権利(松平尚也)

海外の多国籍企業による種子の支配が進むのではないですか。 しかし、「改正案だけでは流出は防げない」と東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宣弘教授は指摘する。

6
農家が収穫物から種子を採取して翌シーズンの生産に使う「自家増殖」にも制限を設け、第三者に種苗が渡るリスクを抑える。 多くの農家さんが「海外流出を止めるためには仕方がない」と感じていらっしゃるようですが、これはミスリードの結果であり、農水省の本当の狙いは育成者権(発明者の権利)の拡大だと思われます。

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

許諾はJAなどを通じて一括して行える仕組みを用意するそう。 遺伝子組み換えにしてもそうですが、組み換えであって、ヒトは「無」から生物を作り出すことはできないのです。

自家増殖は一律禁止になりません。 自家消費用、つまり家族や親戚で食べる用途や数量であれば、自家採種、自家増殖は全く問題ない。

改正種苗法が成立 新品種の海外無断持ち出し規制へ 参院本会議

しかし、そもそも自家増殖の実態を把握しないので、持ち出しを規制しようがないところがある。 また、農業者が自分で増殖した登録品種のつる苗を譲渡することは、現行法でも許諾が必要な行為ですのでご注意ください。 過去に自家増殖を行っていた農業者から登録品種が流出した事例が発生しています。

前者の種子の知的財産権を巡っては、世界の種子市場を巨大種子企業が寡占している状況があり、農民や市民社会から批判の声がある。

わかりやすい種苗法改定Q&A【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】|食料・農業問題 本質と裏側|コラム|JAcom 農業協同組合新聞

登録品種は高級ブドウ「シャインマスカット」など、全体の1割程度という。 農水省「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正」 農家が窮地になるとの批判に対し、農水省の知的財産課は5月1日、J-CASTニュースの取材にこう反論した。 農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。

4
類似の動きが中南米各国で起こり、農家や国民の反対運動が起きた。

改正種苗法が成立 高級品種の流出防止、来年4月施行:時事ドットコム

EUの許諾料が高い理由は、民間企業が登録品種の権利を多く有しているためと思われます。 農業者が栽培している在来種に登録品種の花粉が交雑して採れる種は、一般に登録品種と全ての特性が同じにはならないため、登録品種の権利は及びません。

自家増殖は一律禁止になりますか。 つまり、種苗法改正により育成者権を保護しようとする分野は、そもそもバイエルといった海外企業の主戦場からずれている(詳しくは次回以降に解説する)。

種苗法改正の何が問題なのか 種苗法って何? 種子の知的財産権と農民の種子への権利(松平尚也)

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。

立憲民主党も衆院での審議で「許諾料が高くなり、農家の負担が重くなるのではないか」との懸念を示した。