建築 基準 法 第 12 条 第 3 項。 » いつの建築基準法が適用されるか(既存不適格,遡及適用)

建築基準法第12条点検の分類

「避難階のみ」に報告が必要な建築物の用途がある場合には、定期調査報告の非該当です。 3 特定行政庁、建築主事又は建築監視員は、建築物若しくは建築物の敷地の所有者、管理者若しくは占有者、建築主、建築物の設計者、工事監理者又は建築物に関する工事の施行者に対して、建築物の敷地、構造、建築設備若しくは用途又は建築物に関する工事の計画若しくは施工の状況に関する報告を求めることができる。

17
2.建築物の定期調査等(第1項) 定期調査報告の対象となる建築物は、まず、第6条第1項第1号に掲げる建築物とされているので、特殊建築物で100㎡を超えるものです。 <既存不適格と遡及適用> 建築基準法が難解だとされることのひとつに,建築基準法の適用を受けない建築物をその後に増築などした場合の法適用があげられます。

建築設備等の定期検査報告(建築基準法第12条第3項)

2 前項の規定によりされた公告は、改正後の建築基準法(以下「新法」という。 2 建設大臣は、特定行政庁に対して、都道府県知事は、建築主事を置く市町村の長に対して、この法律の施行に関し必要な勧告、助言若しくは援助をし、又は必要な参考資料を提供することができる。 )に相当する距離だけ外側の線」と、「前面道路の幅員に」とあるのは「、前面道路の幅員に、当該建築物の後退距離に二を乗じて得たものを加えたものに」とすることができる。

20
)については、当該前面道路の境界線は、当該壁面線等にあるものとみなして、第2項から第7項まで及び第9項の規定を適用することができる。 )の規定は、適用しない。

建築基準法第12条に基づく特殊建築物の定期報告制度について

)の規定による通知を受けた場合においては、遅滞なく、これを当該申請又は通知に係る建築物の工事施工地又は所在地を管轄する保健所長に通知しなければならない。 都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• また、第88条により工作物に対しても準用されます。

)の規定による権限を行使する場合においては、その身分を示す証票を携帯し、関係人の請求があつたときは、これを呈示しなければならない。 R01. 01 施行• (昇降機) 第三十四条 1 建築物に設ける昇降機は、安全な構造で、かつ、その昇降路の周壁及び開口部は、防火上支障がない構造でなければならない。

既存不適格?【適用の除外?】(法第3条)

4 建築主事若しくは特定行政庁の命令若しくは建築主事の委任を受けた当該市町村若しくは都道府県の吏員が第六条第三項、第七条第二項、第九条第一項、第十項若しくは第十三項、第十条第一項、前条第一項若しくは第九十条の二第一項の規定による確認、検査、命令若しくは公示をしようとする場合又は建築監視員が第九条第十項の規定による命令をしようとする場合においては、当該建築物、建築物の敷地又は建築工事場に立ち入り、建築物、建築物の敷地、建築設備、建築材料、設計図書その他建築物に関する工事に関係がある物件を検査し、若しくは試験し、又は建築物若しくは建築物の敷地の所有者、管理者若しくは占有者、建築主、建築物の設計者、工事監理者若しくは建築物に関する工事の施工者に対し必要な事項について質問することができる。 ただし、当該建築協定区域内の土地(土地区画整理法第九十八条第一項の規定により仮換地として指定された土地にあつては、当該土地に対応する従前の土地)に借地権の目的となつている土地がある場合においては、当該借地権の目的となつている土地の所有者以外の土地の所有者等の全員の合意があれば足りる。 一 主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロツク造その他これらに類する構造であつて、階数が二以下で、かつ、地階を有しない建築物で、容易に移転し、又は除却することができるもの 二 公衆便所、巡査派出所その他これらに類する建築物で、公益上必要なもの 三 学校、駅舎、卸売市場その他これらに類する公益上必要な建築物で、特定行政庁が用途上又は構造上やむを得ないと認めて許可したもの 2 高度利用地区内においては、建築物の壁又はこれに代わる柱は、建築物の地盤面下の部分及び建設大臣が指定する歩廊の柱その他これに類するものを除き、高度利用地区に関する都市計画において定められた壁面の位置の制限に反して建築してはならない。

3
3 高さが十三メートル又は軒の高さが九メートルを超える建築物は、主要構造部(床、屋根及び階段を除く。 建築物の健康診断をしましょう。

建築基準法12条(報告、検査等)

提出期限後であっても、受理しますが、期限内の提出をお願いします。

5
2部のうち1部は、後日定期報告済証と一緒に返却いたします。

建築基準法第12条 報告、検査等

一 近隣商業地域及び商業地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物 二 巡査派出所、公衆便所、公共用歩廊その他これらに類するもの 三 公園、広場、道路、川その他これらに類するものの内にある建築物で安全上、防火上及び衛生上支障がないもの 5 建築物の敷地が防火地域の内外にわたる場合において、その敷地内の建築物の全部が耐火建築物であるときは、その敷地は、すべて防火地域内にあるものとみなして、第三項第一号又は前項第一号の規定を適用する。

3
(建築協定の効力) 第七十五条 第七十三条第二項又はこれを準用する第七十四条第二項の規定による認可の公告(次条において「建築協定の認可等の公告」という。

既存不適格?【適用の除外?】(法第3条)

【法第3条】適用の除外とは?• )及び当該政令で定めるもの以外の特定建築設備等で特定行政庁が指定するもの (国等の建築物に設けるものを除く。 6 総合的設計による同一敷地内建築物に係る一団地内に第四項の規定による認定を受けた建築物がある場合における同項の規定の適用については、当該建築物を総合的設計による同一敷地内建築物とみなす。

2
4 対象区域外にある高さが十メートルを超える建築物で、冬至日において、対象区域内の土地に日影を生じさせるものは、当該対象区域内にある建築物とみなして、第一項の規定を適用する。 H27. ただし、周囲の状況によつて安全上支障がない場合においては、この限りでない。