日本 ゴールド ディスク 大賞 2020。 一般社団法人 日本レコード協会

一般社団法人 日本レコード協会

1987年に創設された。

8
19年1月1日~12月31日の売り上げ実績を指標に各賞が選定された。

嵐が4冠達成!日本ゴールドディスク大賞/芸能/デイリースポーツ online

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) King Gnu コメント 「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」及び「ベスト5ニュー・アーティスト」を頂きましてありがとうございます。

9
1987年3月に、第1回授賞式がにて開催された。

第34回日本ゴールドディスク大賞2020 受賞一覧【PRiVATE LiFE】データベース

日本のみなさんの長年にわたるサポート、そしてクイーンの音楽をずっと愛してくれていることに、心から感謝しています。 その他の主な受賞は次の通り。

2006年度(第21回)、2007年度(第22回)、2009年度(第24回)、2010年度(第25回)は都内ホテルで受賞記者会見を行う形で、一般客の観覧はもとよりアーティストのライブパフォーマンスやテレビ中継も行われず、翌日の各局での模様を映像として放送するかたちに留まった。

嵐が3年ぶり6度目の受賞 日本ゴールドディスク大賞:朝日新聞デジタル

『Traveler』が「ベスト5アルバム」(邦楽)、同アルバム収録の「Pretender」は「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」を受賞し、日本ゴールドディスク大賞初受賞で3冠の栄誉を獲得。 一般社団法人日本レコード協会が主催する音楽賞。 安室奈美恵の場合は枚数も多かったですが、ベストCD、ライブDVD、Blu-rayと単価の高い商品が売れたので、大賞受賞となりました。

第15回 2001 - 第17回 2003 前年2月1日 - 1月31日• その後も1年間の対象期間は第25回 2011 に10ヶ月間に短縮され、第26回 2012 、第27回 2013 は前々年の11月1日から1年間 12ヶ月間 と改められた。

嵐が3年ぶり6度目の受賞 日本ゴールドディスク大賞:朝日新聞デジタル

1987年に創設されて以来、ポップス、ロックから、クラシック、ジャズ、純邦楽まで 多岐のジャンルを対象に各賞を選出しています。 2012年度(第27回)以降は受賞記者会見も廃止され、主催者側で編集した受賞者のコメントを動画で流すかたちに留まり、2014年度(第29回)以降はそれらも事実上行われていない。

13
よりよい音楽をお届けできるよう2020年を精いっぱい駆け抜けて参りたいと思います」と喜びを語った。

嵐が4冠達成!日本ゴールドディスク大賞/芸能/デイリースポーツ online

1987年に制定された「日本ゴールドディスク大賞」は、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰するもの。 いつも応援して下さる嵐ファンの皆さま、そして何より作品を手にとって下さった 皆さまのおかげで、グループとして節目を迎えた年に、このような素晴らしい賞を 頂くことができましたことを大変光栄に思います。

14
人気グループ・嵐が「第34回日本ゴールドディスク大賞」の邦楽部門の大賞に当たる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたことが27日、分かった。 ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(第1回 - 第4回は「The Best Album of the Year(ジャズ・部門)」、第5回 - 第11回は「アルバム賞(ジャズ部門)」)• ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(第1回 - 第4回は「The Best Album of the Year(アニメ部門)」、第5回 - 第10回は「アルバム賞(アニメ部門)」、第11回は「アルバム賞(アニメ・学芸部門)」)• 光栄です! 日本レコード協会が主催する「第34回 日本ゴールドディスク大賞」の各部門受賞作品、および受賞アーティストが発表された。

第34回日本ゴールドディスク大賞2020 受賞一覧【PRiVATE LiFE】データベース

「第34回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品が発表された。 また、昨年に続き2年連続で「ベスト・エイジアン・アーティスト」「ベスト・ミュージック・ビデオ」賞も手にした。 日本ゴールドディスク大賞は、CD、音楽ビデオ等の正味売上実績と 有料音楽配信の売上実績という客観的なデータに基づいて、 その年のレコード産業の発展に貢献したアーティスト及び作品を顕彰するものです。

20
自分たちにとっても、とても手ごたえのある作品であったこともあり、メンバー一同幸せに感じております。

第34回日本ゴールドディスク大賞|THE GOLD DISC

特別賞 Official髭男dism コメント このような名誉な賞を頂けて光栄です。

17
これからも、より良い音楽を作って届けて行きますので、どうかOfficial髭男dismをよろしくお願いします。 「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTSが2年連続で2度目、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」はKing Gnuが受賞した。