元興寺 縁起。 元興寺

元興寺伽藍縁起并流記資財帳

時に尼等の白さく、「佛を禮う 宮 を忽 (すみや) かに作り賜え。

その時、池邊天皇(用明天皇)が「今、佛法を広めようと思う。 本尊の造立 [ ] 『書紀』によれば、推古天皇13年()、天皇は皇太子(聖徳太子)、大臣(馬子)、諸王、諸臣に詔して、銅(あかがね)と繡(ぬいもの)の「丈六仏像各一躯」の造立を誓願し、鞍作鳥(止利)を造仏工とした。

仏教伝来

聡耳皇子(竹田皇子)と馬古 大臣はともに寺をつくる場所を見定めた。 境内 [ ]• 沙弥は頭をなでて血を拭い、恨めしそうに涙を流して、急に姿が見えなくなった。

15
青銅馬鈴1点•。 本の名は、故、稱して建興寺と名づく。

元興寺|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

百済国の聖明王の時、太子像と灌佛会に使用する器一揃及び仏の教えを説いた書物一式を携えて来て、そして言った。 国の史跡 [ ]• 釈迦族の王の長男。 『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』は天平19年(747)に成立したとされる が、最終的な日付として「天平廿年〔748〕六月十七日」が記録されている。

8
このようにして桜井寺内の堂は大略作られたのである。 プログレッシブ英和 0• 世界三大宗教の中で唯一、多神教と一神教の両面を持ち合わせた宗教だと言えるでしょう。

仏教公伝

推古の豊浦寺の後身とされます。 『上宮聖徳法王帝説』「志癸島天皇御世 戊午年十月十二日 百齋國主明王 始奉度佛像経教并僧等 勅授蘇我稲目宿禰大臣令興隆也」• 大和川は水害によって流域住民に大きな被害をもたらしていましたが,1704年に大和川の付け替え工事が始まり,流れを大きく変えることで,その被害を抑えることができました。

10
大々王の牟久原の後宮には、けっして(自分のものにしようという)欲望を持たず、ずっと仏を祀り、お互いに奪って自分のものにしてはならない。 役人は、使者に、「この三尼らは、百濟國に渡って、受戒を希望している。

元興寺極楽坊縁起絵巻|元興寺

仏教の伝来の覚え方 538年なので、ご参拝「ごさんぱ(い)」と覚えます。 その後、蘇我氏が支援したが即位。 元興寺(奈良市) 、末寺。

令和2年6月9日 新型コロナウイルス感染拡大への対応について 新型コロナウイルスの感染が拡大している現下の状況を鑑み、本年度予定されていた実践文化財学は中止とさせて いただきます。 ・『上宮聖徳法王帝説』8世紀初めに成立したとされ,日本書紀と並ぶ書物で,主として聖徳太子の伝記が書かれています。

元興寺縁起

百済から献上された仏像が安置されたのが、蘇我稲目の家とされる小墾田の家であり、 向原の家ではない。 本来、句読点も改行もないが、読みづらいため、句読点を加えて編集してある『寧樂遺文』を参考にして、文の区切りを空白で表現した。 二十人の戒師にはなりません。

7
戊申(588)年に百済に渡った。 この善願功徳をもって、皇帝陛下とともに、日月天下は安楽となり、後嗣のご加護を受け、世の時が移り変わっても、変わらずに益を得ることを仰ぎ願います」。

元興寺|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

それからは、その殿(みや)に安置し、礼拝を始めた。 それからその殿舎に安置し礼拝を始めた。

明くる年、己巳(609)四月八日甲辰、元興寺に座った(入った)。

元興寺縁起 : 醍醐寺本

そこで用明天皇が後のとに命じて寺を建てるべき土地を検討させたという。 我が爲に小治田に宮を作れ」と告げたまいき。 どちらにせよ、5世紀初めに 百済(くだら)から伝わったというのは共通しています。

3
11世紀ごろになると衰運に見舞われる。 本当の聖徳太子のことを語っている箇所です。